プログラミング言語のおすすめランキング【初心者の選び方】

プログラミング言語のおすすめ

プログラミング言語といってもたくさんあります。
Webのシステムを構築したりゲームやアプリもプログラミングで作ることができます。
目的に合わせて言語を選ぶのがおすすめです。

最初にどのプログラミング言語から始めるのが一番良いのかよく考えることは大事です。
一度やり始めたら中々引き返すことは難しく、言語を選ぶことは将来の重要なスキルを選ぶことでもあります。
プログラマでバリバリコードを書いているひとではなくても、知識があれば仕事で使えるので効率化できます。

独学でプログラミング言語の学習をするのであれば情報が多いものがおすすめです。
新しくできたばかりの言語よりも一般的で利用者の多いプログラムの方が困った時の解決方法が見つかりやすくなるからです。

プログラミング言語のおすすめランキング

プログラミングの言語のなかでも2019年のおすすめをランキングにしました。
初心者はまずはプログラミングの考え方をマスターするのが近道です。
(XMLやhtmlのようなマークアップ言語はランキングに入れていません。)

1つの言語ができれば二つ目の言語はそれほど苦労せずにできるものです。
最初はオブジェクト指向や手続き型などは気にする必要はありません。
やりたいことをやりやすいプログラミング言語を選びましょう。

1位 PHPならWebが得意

バグやエラーの行が出るので初心者にも解りやすいのがPHPです。
Webをやるならphpは覚えることになるでしょう。
wordpressやeccubeなど多くのCMSで使われています。

Webでよく使われる言語なのでプログラミングスクールで覚えることもできます。
SQLでデータベースから情報を持ってきたりするのは楽ですね。

2位 Pythonは機械学習ができる

シンプルな構造なのでPythonは解りやすいプログラミング言語ですね。
Aiなど機械学習やビッグデータなどの分析をやるならPythonがおすすめです。

初心者でも比較的、プログラミングを習得しやすい言語です。

Pythonは信頼性も高く、研究者やYouTubeなど大きなサービスでも採用されています。

3位 JavaScriptはすぐに始められる

ブラウザさえあればすぐにできるのがJavaScriptの良いところです。
JavaScriptはもっとも人気があり多くのひとに使われています。

プログラミングの動作がブラウザに依存するのがデメリットですね。
初心者は解説本と同じ環境で作ることをおすすめします。

4位 Javaは環境に依存しない

JavaはSun Microsystemsが作ったプログラムです。
マルチプラットフォームと呼ばれ、OSに依存しないプログラミング言語というのが最大の特徴ですね。
JAVAはインターネットでもよく使われます。

Javaはオブジェクト指向言語として非常に高い人気があります。
はじめて覚えるのにJavaはおすすめです。

5位 C# マイクロソフトの開発環境

初心者向けの学習用の書籍が出ていますのでC#もおすすめです。
マイクロソフトが開発しているのでVisual Studioの開発環境でプログラミングできるのはメリットの1つです。

C#はjavaを元に開発された言語なので比較的新しいプログラミング言語です。

6位 Rubyは初心者におすすめ

なんでもできるのがRubyですね。
日本人が作ったプログラミング言語です。

後からできた言語なのでコードが美しく使いやすいと言われていますが、現場で使っているところはあまりありません。

7位 Swift iOSアプリ開発をする

iOSでアプリの開発をするならSwiftですね。
Macのアプリを作ることもできます。
初心者には難しい言語です。

8位 C言語は難しい

C言語は歴史が古く、昔からあるプログラミング言語です。
電子工作みたいなのはC言語ですね。

C++を覚える前にC言語を学ぶことになりますが非常にハードルが高いです。
難易度が高いので初心者向けのプログラミング言語ではないでしょう。

プログラミング言語の初心者の選び方

初心者はプログラミング言語の情報が多いものがおすすめです。
解説の入門書などが多い方が覚えるのも速いですね。

目的で言語を選んでやれることをどんどん増やしていけば結果としてプログラミング言語を習得していることになります。

プログラミングの勉強方法は覚え始めの時には書籍がおすすめです。

初心者向けの本を選ぶときには定番の本を3冊ぐらい買うのがおすすめです。
自分への投資としては高いものではありません。プログラミングができるようになれば後で必ず自分に帰ってきます。
なぜ3冊なのかというと1冊で理解できなくても言葉の言い回しなどで他の2冊で理解できたりする部分も出てくるからです。

ネットの情報を使っていくのもプログラミングではおすすめです。
ほとんどのマニュアルはネットで公開されています。
プログラミングをオンラインで学習をすれば効率的に隙間の時間でプログラミング言語の概要を把握できます。
困った時に調べられるので効率的です。

ネットに公式マニュアルを一読してすぐにプログラミング言語ができるというわけではありませんので、本も合わせて使う方がプログラミングとは何かというところが解りやすいですね。とくに初めての言語の場合は全然違うと感じる時があります。

ネットでは海外のサイトでもtipsやちょっとしたコードの説明を翻訳をしながら使っていくことができます。
コードは世界共通というのが良いですね。

VBAは汎用性が低いのでプログラミング言語のランキングからは外しました。
マクロがプログラミングというのも範囲が狭いということもあります。

プログラマーは全ての言語ができる必要はありませんので
少しづつやってみて自分にあったものを見つけるのがおすすめです。

プログラミングに関連するページです。
>>プログラミングは時間の無駄?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA