プログラミングは時間の無駄?

プログラミングは時間の無駄

プログラミングを覚えるには時間がかかります。
しかし、プログラミングは時間の無駄なのでしょうか?

プログラムを覚えればやりたいことが自由にできます。
パソコンやネットで使える技術も自分のものになります。
時間の無駄なのかどうかまとめてみました。

プログラミングを習得する時間

プログラミングを習得する時間はどれぐらいかかるのでしょうか。
ネットでいえばよく使うのはPHPですね。

PHPなら覚える時間は一日1時間ぐらいで少なくとも半年はかかるので200時間ぐらいでしょう。
合わせてデータベースも覚える必要があります。

JavaScriptならPHPの倍ぐらいの時間がかかるので400時間ぐらい。
JavaScriptはブラウザで簡単に動かせるのでとっかかりやすいプログラミング言語ですが、やり始めるとかなり奥が深いですね。
ハマるとなかなかバグがわかりにくいのがJavaScriptです。

プログラミングを覚えて1から作れるようになるには少なくとも半年ぐらいはかかりますが、1つの言語を覚えれば他の言語を覚えるのはそれほど時間はかかりません。
ノンプログラマーの場合にはプログラミングとはどういう考え方をするのかという部分の理解に時間がかかります。

とくにarrayやforの使い方や初期値は考え方が、やりたいことと一致するまでに時間がかかります。
ですが、プログラミングができるようになった時の喜びは大きいものです。

時間をかけずにプログラミングを覚える方法

時間をかけずにプログラミングを覚える方法があります。
一言でいえばネットの情報を活用するということです。

ネットではプログラミングのサンプルが多く公開されています。
まずは自分がやりたいことに合わせてパズルのようにくっつけていきます。

アルゴリズムのような大きいプログラミングの構成は変更できませんが、サンプルのプログラムをアレンジしながら自分のやりたいプログラムを書くことがおすすめです。

小さなプログラムを組み合わせて大きなプログラムを作ることは後でメンテナンスも楽になります。
少しづつプログラミングを最低限の範囲で覚えていくのが時間をかけない方法です。

ネットで出回っているサンプルは使わせていただく。
すでにある関数は自作をしないであるものを使うということが時間をかけない方法です。

移動の時間を使ってプログラミングを学んだりコーディングしたりするのも1つの方法です。
プログラミングのノートパソコンで書くのもおすすめです。
電車などちょっとした隙間の時間でスクリプトや関数が書ければ時間短縮になります。

独学でプログラミングを習得する

独学でプログラミングを習得するのはかんたんです。
難しいことではありません。

私も独学で学んで会社のシステムを作りました。
正直なところ、経営がうまくいけば綺麗なソースではなくても良いわけで誰でもプログラミングは独学で覚えられます。
新人や後輩がなぜ独学でプログラミングを覚えないのか歯がゆい思いをすることもあります。
それぐらい簡単なのです。

プログラミングを覚えるときには覚えたい言語の本を3冊ぐらい買います。
あとはネットで検索しながら不足する情報を補うだけです。
メインになるのは本です。
書籍の場合には網羅的に書かれていてわかりやすいものを選びます。
わかりにくいものを選ぶと後々、覚えるのに時間がかかってしまう原因になってしまいます。

プログラミング言語を選ぶ時には下記の記事もご参考ください。
>>プログラミング言語のおすすめランキング

初心者であればオライリーの本などを買うとわけが解らなくなります。
専門用語が多いと、ただでさえ解らないプログラミングが謎だらけの本になってしまうからです。

初めてであればバカみたいに初心者向けの書籍がおすすめです。
買う時にはちょっとかっこ悪いですが、仕方ありません。
ひよこのイラストとか黒板のイラストとか入っている入門向けのプログラミングの本はわかりやすいものが多いですね。

入門者向けの本が完全にわかっても自分のやりたいコードが書けないのがプログラミングの悔しいところです。
おおよそのところがわかったらマニュアルを読む必要があります。
ネットに出ているのでガイドとかリファレンスというものがプログラミングのマニュアルです。

結局のところ、きちんとプログラミングのマニュアルを流し読みでも読んでおかないとバグが起こった時にすぐに解らないからです。もちろん、バグが起きたらその時の対処方法がありますが言語によってかなり違ってきます。

まずは必要としているプログラムから少しづつ覚えていって深く、関連する技術を学んでいくのが時間をかけない効率的なプログラミングの学習方法です。

プログラミングで挫折するパターン

プログラミングで挫折するパターンは大きい夢というか、壮大過ぎると挫折します。
プログラミングを覚えるときには汎用的な言語を覚えます。

自分にあまり必要でない言語は挫折というか、やらなくなります。
私の場合はGo言語がそうでした。
Googleが作った評判の良いGo言語を学びたいと思ったのですが、普段必要としないので結局やらないという失敗です。
使わないプログラミング言語を中途半端にやるのは時間の無駄といえるでしょう。

Aiをやりたい。機械学習をやりたい。というのは良いと思います。
では、機械学習で何をやりたいのか、そのアウトプットをどう使うかという最後を決めておかないと、おそらくPythonで挫折したりします。最終的なゴールが見えないからですね。

まとめ

必要なプログラミング言語は覚えるととても便利です。
だけど、普段使わないプログラミング言語なら覚えるのは時間の無駄。
ネットにあるサンプルを活用してアレンジしながら目的を達成するのが効率的です。

最後に、プログラミングを覚えることを否定したくて書いた記事ではありません。
覚え始めたら半年ぐらい時間がかかるので、日常的に使うプログラミング言語から覚えた方が効率的だと思います。

ブログをスクラッチでプログラミングすることもできるようになります。
PHPとmySQLだけでブログのCMSを作ったこともありますがそれほど難しいことではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA