ランディングページの作り方

ランディングページの作り方

ランディングページの作り方には構造があります。

ランディングページの構造

1.キャッチコピーや投げかけ

文章のはじめに商品についてお客さんの悩みや気になっていることを、お客様の立場で「こんなことありますよね」と投げかけます。

広告でいうところのキャッチの部分です。

続けて、権威付けもします。「医者も使っている歯ブラシ」のような感じですね。
「グッドデザイン賞受賞!」みたいなのも効果的です。

興味・共感してもらう

「そういうことあるある」という共感してもらうことを書きます。

自分の体験談などを書くと良いでしょう。

商品の紹介

そこでこんな商品があります。
ここはそれほど重要ではありません。
信頼できるように正確に詳細なにスペックを記載しましょう。

ベネフィットを書きます

商品の価値として悩んでいた部分をこの商品やサービスで解決できますよという理由を書きます。

お客様が読んだ時に感じるように、メリットを書きます。

「〇〇歯ブラシを使うようになって歯石が落ちることを実感した。」のような感じです。

ベネフィットは、歯石が落ちるようになって口臭も無くなり、人前でも口臭が気にならなくなった。のような
生活がどう変わるのか。導入後の未来を書きます。

商品の特徴や、商品の強みを記載します。

レビューやお客様の声

レビューやお客様の声を書きます。
アマゾンなどは力を入れている部分ですね。

行動する部分

最後は行動する部分です。
行動する部分がランディングページのクロージングで大事なところです。

購入ボタンやアフィリエイトのリンク先がそれにあたります。
ボタンの近くには限定感や緊急性を伝えます。
今ならオトクとか限定とかですね。

ページができたら内部リンクをする

アフィリエイトでは非常に重要です。

ランディングページを作りっぱなしではだめです。やはり上位表示されなければいけません。

今まで作った関連しそうなコンテンツから内部リンクを張りましょう。