ブログで稼ぐ仕組みとは-ブロガーとアフィリエイターの違い

ブロガーとアフィリエイターの違い

ブログで稼ぐことは難しいことではありません。
何が必要かといえばサイトとドメインがあれば良いですね。

ブログで稼ぐ仕組みは広告です。
なにはともあれ集客からはじめます。
多くのひとにサイトを見てもらってバナーを見て広告収入を得る。
または、コンテンツにあった商品を紹介してアフィリエイトの収益を増やすの二通りが稼ぐ基本になります。

ブログで稼ぐには集客する

自分のサイトに集客をするための基本はテーマを絞るということです。
稼ぐ仕組みとして強いのは自分が得意な分野で勝負をするということです。
ジャンルを絞ることによってカテゴリ分けのアンカーリンクもおのずと関連したワードになります。

ジャンルを絞るのは戦略的に行うべきです。
レッドオーシャンのジャンルでは稼げません。
先に行っている先駆者がいて競合も多いジャンルでは情報の価値は低いからです。

ジャンルを特定する方法は簡単です。
直感や自分が興味があることを片っぱしからニーズがあるか調査していきます。

Google広告の機能を使って競合が多いかどうかがわかります。

キーワードを探す

競合が少なくニーズが高いものを赤丸つけました。
2語や3語で検索をすることがコツです。

アフィリエイトで稼ぐ

アフィリエイトであれば、稼ぐことも可能です。

ブロガーとアフィリエイターの違いってなんでしょうか?

まず、
ブロガーはあいまいなお仕事です。
ブログの場合には書いているひとの知名度も関係してきます。
芸能人でなければやり始めは大変です。

いちからブログを始める時には全く読んでくれるひともいない。
かなり孤独な戦いになってしまうのでSNSも絡めてブログを書く必要があります。

ブロガーは少なくとも4種類います。
1.自分の考えをアウトプットをして整理をするためにかくひと。
2.広告で稼ぐために書くひと。
3.何か記録の記録を共有するために書くひと。
4.作品としてなにかを表現したくて書くひと。

なにかを表現したくて書いている文章や意思が感じられるページというのは、
読んでいて面白いものです。

ブロガーとアフィリエイターの違いは商品を扱うかどうかです。

アフィリエイターの場合には商品が売れるかどうかが大事。
商品をよく知って商品の魅力や価値を伝えます。

アフィリエイターのページには個性はまず出てきません。
稼ぐことが目的なので無駄なページは極力ないというところです。

ブロガーの場合には記事が面白いかどうかがポイントになります。
著者本人の魅力(タレント性)のようなものも必要になります。

ブログは面白い記事が魅力なので
どんなひとがそのブログを書いているかは気になるところです。
「ですます調」以外も行末に使えるのが書き手には面白いですね。

ブログで食べていくための関連するページです。
ブログ収入で一般人の平均はいくら稼ぐ?

ブロガーにとって記事は財産です。
記事をコピーで盗まれないようにする対策も必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA