儲かるサイトの作り方【決定版】

           
  • 2019.04.24 更新日:2019.06.22
  •      
儲かるサイトの作り方【決定版】

儲かるサイトの作り方について紹介します。
これぞという手法をまとめた決定版です。

インターネットで副業としてサイトで設けたいけど本当に儲かるの?
という疑問があると思います。
それはやり方がパターン通りいけば多少なりとも売上は出ます。

ポイントサイトでコツコツ貯めるとかではなくブログで安定した副収入を得られるようにしていくということです。
ブログの場合には一度上位に食い込めばあとは何もしなくても収入が入ってきます。

サイトでお金を儲ける

経験をサイトに情報を上げていくことで稼ぐことができます。
自分の経験というのは貴重なものです。
ノウハウの情報は価値があります。

ブログ広告で稼ぐ

自分の経験を特化したサイトとして絞ることでサイトがテーマに強くなります。
雑記ブログよりも隙間のワードが多いページの方がニッチで長期的には優位になります。
レッドオーシャンのキーワード競争を避けてひとつに力を集中した方が効率的です。

ニッチで専門的なサイトを運営するということでブルーオーシャンになります。
それってどうやるの?
という話になると思いますが、一般的な言葉よりも絞り込めば良いわけです。
例えば「時計の専門サイト」よりも「目覚まし時計専門サイト」の方が絞られているわけです。
種類や地域など絞っていく切り口はキーワード事によって違います。
商品であればメーカーや道具の名称の組み合わせという場合もあるでしょう。

自分の知識で書ける専門的なサイトであれば、出し惜しみせずに本当の情報をそのまま書くことで儲かるサイトができます。
どこまで自分の知識を出しきれるか、早く情報を公開できるかというのは検索で競合との順位争いで優位になります。
つまりキーワードは早い者勝ちです。

アフィリエイトで稼ぐ

アフィリエイトなどブログで稼ぐためには収益化に焦ってはいけません。
長期的にサイトが発展していくためのシナリオや計画をたてます。
Webページは一時的に稼ぐよりもコツコツと集客するための資産になった方が良いからです。

稼ぐためにはアクセスを増やすことが重要です。
アクセスが増えるには時間もかかりますが役立つコンテンツを作っていくということです。
役立つページにするには多くのページの数と文章量が必要になります。
最低限2000文字以上のページが100記事を書いて、ようやくある程度の成果が出てきます。

自分が使ったことがある商品やお気に入りの商品を楽天アフィリエイトなどへリンクするだけです。
新しい商品をどれだけ早くアップしていけるかどうかでサイトでお金を稼ぐ金額も変わってきます。

自分の商品を売る

自分の商品を売ることもできます。
noteの有料記事を書いたり、コンサルサービスをおこなったりするひともいます。
電子書籍を販売するひともいます。

集客ができれば数%のアフリエイトよりも商品の方が儲かる率が高いのは明らかです。
ドロップシッピングのようにリスクを回避して販売するのも稼ぎ方としてはあります。

写真やイラストが得意であれば広告やWebサイトの素材用として売ることもできます。
pixtaのようなサイトに無料で登録をして販売することができる。

プログラミングが得意な場合にはプログラムをアプリやパーツとして売ることができます。
この手のWeb用のパーツは被リンクを入れてSEO対策をする場合もあります。

サービスやコンテンツが優れたものであれば寄付を募ることもできます。
寄付はPaypalで寄付を行うボタンを付けることができます。

コミュニケーションツールの提供

掲示板などのコミュニケーションツールの提供をするサイトを運営するという方法もあります。
収入源はもちろんバナーですね。
ある程度自分でどんどん書き込むなど使われている感を出すことが必要です。

イベントのまとめサイト

イベントのまとめサイトもおすすめです。
地域やジャンルで特化しやすく、競合が少ないのがイベントのまとめサイトです。
広告も入れやすいので稼ぎやすいといえます。

ニュースサイト

ニュースサイトは競合も多いです。
ニュースやゴシップ系のサイトであっても専門的であることが大事です。
テーマを絞った方が内部リンクでも強くなります。

レビューサイト

書籍や映画、音楽などレビューできるものはなんでもレビューサイトを作ることができます。
得に書籍や映画はアフィリエイトが行いやすいでしょう。
ただし、結末を言わずに途中までの表現の仕方に絞ってレビューを書くのは独特のライティング力が必要です。
本や映画が好きなひとであれば何も苦が無く続けることができるコンテンツですね。

比較サイト

比較サイトは購入のタイミングに近いユーザーが集まるので収益につながりやすいサイトです。
価格だけの比較だけでなく機能の比較を行うこともできます。
どこまでシステマティックにプログラミングで自動化することができるかが勝敗の分かれ目になります。
商材の数だけニーズはあります。

ペラサイト

ペラサイトはアフィリエイトの登竜門的なやり方です。
SEOのコンテンツの基本が凝縮しているといっても過言ではありません。
たった一つないのが内部リンクやサイト構造の部分です。
1ページ~30ページぐらいの小さな規模で行うアフィリエイトをペラサイトとして行われます。
注意点として3ヶ月程度はインデックスされても上位表示されないので、効果のほどがわからないままページを量産していくという精神的な辛さはありますね。
しかし、ペラサイトで量産していけばどのようなキーワードならサイトで稼げるのかというのがおのずと見えてきます。
ニッチなワードで稼ぐのを学ぶにはペラサイトはおすすめです。
>>アフィリエイトのペラサイトの成功例!作り方とは?

ドメイン名を売る

ドメイン名は畑で耕す野菜のように育てて売ることができます。
ニーズがあるドメインでないと売ることはできません。
中古ドメインを買ってさらに転売することもできます。スパムで汚染されたドメインではないか調べるなどの技術が必要になります。

wordpressのテーマを売る

プログラミングで開発する人が得意であればテーマを売ることもできます。
まずは無料のテーマで配布をしてファンが付いたら有料テーマに移行してもらうというやり方が定番です。
一度囲い込めば定期的にアクセスも見込めます。