コンバージョンを上げる方法【アフィリエイトで必須】

コンバージョンを上げる

コンバージョンを上げる方法はいくつかのコツがあります。
なかでもアフィリエイトについての成果を上げるポイントをまとめました。

コンバージョンを上げる方法

コンバージョンを上げるためにまずは、CVRとは何かのおさらいです。

コンバージョンとは

コンバージョンはCVRと呼ばれています。
Conversion Rateの略なのですが、成果の数字÷セッション数です。

成果率なので商品が売れたり、問い合わせにつながったりすることがコンバージョンということになります。

コンバージョン率の平均とは、おおよそ1~2%と言われています。
ですから100回セッションがあって1回のクリックというのは正常です。
1日10回のクリックが必要な場合には1000回のセッションが必要になります。

1%を切るページは見直しが必要です。
アフィリエイトサイトであれば販売することが目的ですから、アクセスが多くても売れなければ目標を達成していないといえます。
集客で成功しているページであればランディングページはとして利用をしてコンバージョンするためのページをもう一つ作るという手もあります。
アクセスしてからゴールをするまでのボタンが遠いとCVRが低くなるからです。

キーワードの見直し

コンバージョンの改善はキーワード選びの見直しで変わってきます。
キーワードによって集まる見込み客が変わるからです。
どんな見込み客がきてほしいかということを明確に考えることが大事です。

コンバージョン率が低いのは選んでいるキーワードが購入する目的ではないワードの場合です。
「商品名+使い方」のような複数の組み合わせワードは購入目的というよりは、購入後に検索する場合が多いでしょう。

SEOに強いキーワードの選びかたのページもご参考ください。
集客ができて多くのひとが集まれば商品も売れるようになります。

購買欲の高いキーワード

購買欲の高いキーワードを選んでページのライティングをしましょう。
購入しようとするキーワードにはパターンがあります。
商品名+安い、
これが基本になります。
「安い」の部分は購入とか「評価」、「購入」のような言葉が入ります。
しかし、これはレッドオーシャンなので工夫が必要です。
英語の商品ならカタカナで表記したり、省略したりして多少ずらすだけで競合を減らすことができます。
競合と直接対決をして勝てば大きな収入源になります。
それにはライバルサイトをチェックしてそのサイトより良いページを作る必要があります。
もちろん後追いのページになるので全く同じページ構成では難しいでしょう。
プラスアルファの追加情報を入れてオリジナリティーを出すことが追い抜くコツです。

コンバージョンが高い商品を選ぶ

コンバージョンが低い商品は売れない商品ということです。
誰も買わない商品であれば見直すことも戦術の1つです。

商品は高すぎないか

取扱の商品は高すぎではないか確認しましょう。
アフィリエイターなら高額な商品でないと生計をたてることが難しくなります。
では平均の商品価格はどれぐらいでしょうか。
ECサイトでは平均は2,000円~3,000円と言われています。
自分の感覚としては15,000円が限度です。
高すぎる商品は物珍しいので情報収集をするためのアクセスは生まれるのですが販売できないページになってしまいます。
一点の商品が高すぎる場合にはコンバージョンが生まれるのは難しいといっていいでしょう。

需要の多い商品を扱う

売れる商品、需要の多いアイテムを扱うようにしましょう。
あまりにもニッチな商品では売れません。
誰も知らない商品を誰だかわからない人からネットで買うということはありません。
売れているいる商品やサービスを扱うのはアフィエイリトでコンバージョンを高くする大事なポイントです。

コンバージョンを高くする書き方

コンバージョンを高めるためにはボタンを押すまでの記事に工夫がいります。
ライティングで商品を売るので記事そのものは非常に重要です。

検索からオーガニックでアクセスをしてから序文を読んで、
最終的に成果のアフィリエイトリンクまでの誘導ができているかが重要です。

ユーザーの悩みを理解する

いきなり悩みの解決方法を記載するまえに悩みを理解していますよということを書きましょう。
商品によって解決するストーリーを書こう。
悩みの問題を直接、商品によって解決できるということを明確書くことでクリック率が高くなります。
遠回しな表現は伝わらないためクリックされたいということです。

機能だけでなく利点を記載

利点を書くことでアピールできます。
ほとんどのページには機能だけが書かれています。
機能すら書かれていない場合もありますが、利点をどのように書くかがアフィリエイトの醍醐味です。
牛乳にはカルシウムが含まれています。というのは機能ですが、
利点というのは牛乳にはカルシウムが含まれているので骨が丈夫になります。ということです。
もっと深く書いていくこともできますが、これ以上書くとおそらく上記のワードで検索で引っかかるのでやめます。
関連する言葉が続くとSEOの効果も出てきます。

購入するかどうかの迷いを除く

販売するためのページを書いたら、何度も声に出して読んでみることがおすすめです。
どこかで引っかかりがある場合にはアフィリエイトリンクを押すことはありません。
ネガティブな情報のインパクトが強すぎないか、ポジティブな情報が嘘くさくないか。
客観的な視点で読み返して、スムーズにコンバージョンまで辿り着けるかチェックしましょう。

商品の説明は詳細を書く

商品説明は長くできる限り詳細に記載します。
わかっている情報全てを記載することで信頼されやすくなります。

今すぐ買うという切迫感を入れる

今すぐ買う必要がある時はコンバージョンが高いですね。
切迫感はあるか、残りの商品数に限りがある場合には表記します。
いつも売っているわけではないということがポイントです。
限定商品や限定期間のような「今すぐ感」はそのページでコンバージョンする可能性が高くなります。

レビューはあるか

レビューは色々な人の意見を取り入れてから購入できます。
第三者の意見を読むことで信頼性が増すという心理学ではウィンザー効果と呼ばれるものです。
そのため、コンバージョンボタン前にはレビューを書くようにします。
レビューは7件程度は必要です。
同じ意見があっても良いので複数のひとが1つの商品について意見をしているという状況があることで参考になるわけです。
つまり、買うにしても買わないにしてもそのページで最終判断をさせる必要があります。

その他のコンバージョンを高めるコツ

コンバージョンを高める技はたくさんあります。
ちょっと修正をすれば改善できるコツをまとめてみました。

リストはありますか?

その商品の注文をすべきポイントをリストにまとめてアピールしましょう。
メリットをシンプルにまとめなおすだけで商品の価値を総合的に把握しやすくなります。
商品価値はlistタグでまとめればSEO的な効果も発揮します。

複数の商品を提案する

ユーザーに選択肢を与えるを与えることも必要です。
よくあるパターンとしては「おすすめ8選」のようなタイトルですね。
選択することで他のページに移動する前にそのページで完結する可能性が高くなります。
商品を比較することができれば購入する行動に説得力が出てきます。
比較をしてその商品を選ぶことに納得をすればコンバージョンにつながります。

購入ボタン周辺で気をつけること

購入ボタン周辺には内部リンクを入れない。
ボタンの前に入れてしまうと、せっかく集めてた見込み客が他のページに遷移してしまうことになります。

どうすればボタンを押すでしょうか?
アフィリエイトのボタンの大きさや色、形などがベストであるか確認しましょう。
緑のボタンは押しやすいというデータもありますが、サイトで埋もれた色になっていないかどうかが重要です。

ボタンの周囲には余白が必要です。
文字に埋もれた購入ボタンは目立たなければ押したくならないでしょう。

騙すことはいけませんが、思わずアフィリエイトリンクを押してしまうようなボタンが最適です。

コンバージョンを高めるためのまとめ

コンバージョンを高めるためのまとめになります。
アフィリエイトのリンクボタンを押すかどうかはユーザーの判断、心象を感じることが大事です。
この文章をよんでどう思うか、思いを馳せるということですね。

最後に必要なのは情熱です。
情熱がそのランディングページにあるかどうかによって雰囲気が伝わります。
言葉選びや呼吸のようにタイミングよく入る句点、気持ちよく終わる読点。
一つ一つの文章や段落においてのリズム感は一気に書いた情熱から生まれます。
これは何度も書き直してコンバージョンの精度を上げていくこととは違った考え方です。
情熱をもって一気に記事を書くということもおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA