ネットの副業のおすすめランキング【稼ぎやすい】

ネットの副業のおすすめ

副業といっても色々なものがあります。
ネットでできる副業をご紹介します。

稼げるものはある程度スキルが必要なものが多いですね。

バイトで時間を消費して稼ぐのではなく、自宅でできたり自分の自由な時間のペースでできるものをご紹介します。

ポイントサイトで稼ぐ

単価は安いですがゲームやメールを開いたりして5円~200円ぐらい稼げます。
モッピーやげん玉などが有名ですね。

空いた時間を有効活用をして小銭をコツコツと稼ぎましょう。
アンケートなどを書くだけでポイントがもらえます。

クラウドソーシングの副業

クラウドソーシングでは案件にもよりますが5000円ぐらいから稼げます。

クラウドソーシングとは不特定多数のひとに依頼します。ネットで個人と企業の間で仕事をするものです。

有名なところでいうと「クラウドワークス」や「ランサーズ」ですね。
ライティングからロゴ制作まで仕事の内容はいろいろな種類があります。

プロジェクト形式なら打ち合わせもあります。
タスク形式なら好きな時間で仕事ができます。

翻訳やライティングもあるので自分のスキルを活かすことができますね。

coconalaではライティングやキャッチコピーなどのスキルを販売することができます。
自信があるひとはチャレンジしても良いでしょう。
ランキングがあるのでモチベーションにもつながりやすいでしょう。

ライティングではSEOまで求める仕事もありますが、SEOでは文章の要素は全てまかなうことはできないですね。
ライティングの部分でできる限り対応するという案件もあるということでしょう。

ロゴ・バナー・イラスト の仕事

クラウドソーシングではロゴやイラストを作る仕事もあります。
ただし、コンペ形式なのでなかなかの難関です。

コンペというのはコンペティションの略ですが、競争なので選ばれなければ収入はゼロなので、一種の賭けみたいなところもありますね。

Webやプログラミングの仕事

Webやプログラミングの仕事も副業でできます。
htmlのコーディングの案件や開発の仕事もあります。

プログラミングはフリーランスで活動をしていても、要件定義をきちんとやっておくのがトラブルを回避するコツです。

アンケートサイトで稼ぐ

アンケートサイトは「マクロミル」などがあります。
アンケート数は業界でトップと言われており安心感はありますね。
ビットコインなどの仮想通貨に交換できるのも面白いところです。

フォトストックで写真を販売する

ネットでは写真を買ったことがある方もいると思いますが、プロではなくても写真を販売することができます。

カメラが好きなひとが競合になるのでそう簡単には売れにくいですね。

競合の少ない人物を撮るのがおすすめです。
その場合はモデルを雇って撮影をすることになります。

日本だと「写真AC」が有名ですね。
PhotoACでは200万人以上の会員がいるので使われる可能性も高いですね。

せどりで副業する

せどりは定番の副業といって良いでしょう。
本などを安く買って、高く売るというようなやり方ですね。

売るときにはAmazonを使います。
売る商品が多くなってきたらFBAで自動化をしていってバリバリ稼ぐという感じです。

仕入れはネットで買うか、または実店舗で探すかということになります。
ネットの場合は同じようにせどりで副業しているひとも多いので金額的にはこなれた感じになりますね。
ブルーオーシャンをどうやって探すかというところがポイントになります。

ただし、本格的にせどりをするなら古物商許可申請をしておきましょう。
19000円かかりますが、違法性がなくなるので安心です。

アフィリエイトで副業する

ブログやWebページを作ってアフィリエイトするのも副業としてはありですね。
ただし、成果が出るまで時間がかかるのがアフィリエイトの難しいところです。

Webサイトを作って稼ぐのはいくつかのパターンがあります。
王道の作り方としては、レビューサイトやペラサイトなどがありますね。

Webサイトは構成する段階でどんなジャンルで稼ぐかということを考える必要があります。
儲かるサイトの作り方【決定版】

デイトレードで稼ぐ

デイトレードは株の売買です。
50万円ぐらいから始めるひとが多く、必ず収益が上がるというものでもありません。
ですが儲かっているひとは年間数千万円以上稼ぐトレーダーもいます。
一日で完結するのがデイトレードです。スマホでサラリーマンがやっているのを見かけたりしますね。

ちなみに株の場合はデイトレードですが、通貨の場合はFXといいます。
FXデイトレードは初心者にもおすすめの稼ぎ方です。

おすすめできない副業

データ入力系はあまりおすすめできません。
単価が安い場合が多いのと、初期費用代を要求するような悪徳な業者もいるためです。
誰でもできる仕事なのに高い仕事というのは無いということですね。

デザイン系の場合には「登竜門」のようなコンペもありますがこれはあくまで、プロへの登竜門です。
副業ではないので賞金がないものもあります。
しかも、かなりの倍率ですが、絵やデザインが得意でアーティスト志望の方ならおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA