アフィリエイトで売れる記事の書き方【コツを大公開】

売れる文章の書き方

アフィリエイトで売れる記事の書き方を公開します。

大事な時間を使って書くのだから、売れる文章で書きたい!

アフィリエイトの文章の書き方にはコツがあります。
CSSとかデザインとかは2の次で文章が一番大事です。

売れる記事のキーワード選定

まずはともあれキーワード選定。
売れそうな商品で、なおかつ自分が興味があるキーワードを選びます。

キーワードは文章の中で15回前後は入れるようにします。
特に大事なのは文章の中でも上の方に入れていくということです。
そして文章の頭のほうに書くようにします。

売れそうでも興味が無い商品キーワードはやめましょう。
書いていてつらくなるし、文章にあやうさが出てきます。
やっぱり文章は楽しく書いて、楽しく読んでもらいたいものです。

売れるキーワードを予想して実際に検索してみてください。
商品ならおそらくAmazonか楽天が出ているはずです。
Googleの検索だと勝手に商品検索になってしまう。

アフィリエイトでは必ず競合サイトが存在します。
ライバルに勝つためには複合キーワードで勝負しましょう。
ターゲットを絞れば絞るほど勝ちやすくなります。

1語でだめなら2語でいきましょう。
2語でも強ければ1語でヒットするようになります。
ただし、あまりにもニッチ過ぎるとだれも検索しないということになります。
検索しないキーワードを避けるためにミドルワードとロングテールキーワードを組み合わせることが必要になります。

売れる記事の冒頭の書き方

文章の冒頭は、どうやれば惹きつけることができるか。
それにつきます。
いわゆる「つかみ」というやつです。

冒頭で惹きつけるというのは文章を読みたいと気持ちを大きくさせることです。

冒頭の書き方パターン

共感を呼ぶ魅力的な文章を冒頭に書くようにしましょう。
ちょっと刺激的なキーワードとオッと思わせる言葉に数字を合わることで説得力が増します。

常識的ではない文章や普通以上の実績を冒頭に書く。
パンチがある文章ということですね。
「1日50,000人がサイトを見てくれるように最強のアクセスアップの方法は・・・」
とかそういうやつです。

疑問文で呼びかける。
「絶対に売れる記事を書いてみませんか?」
読むひとを引きつけながら書いていくバケツリレーが文章にはかかせません。
とくに序盤の部分は中盤にかけて続く部分なので大事になっていきます。

序盤の記事の書き方

それでは、序盤の記事の書き方です。
サイトにアクセスをした時には初見が大事です。
アフィリエイトやブログではブラウザの画面が命。

パット画面を見て3秒以内で読み続けるかどうかが決まります。
なので書き始めの冒頭と飽きさせない序盤が必要です。

画面が収まる文字、つまりファースビューでは全力を注ぎます。
語感や文字のリズムなどは大事なところ。

売れる記事を書くためには読みやすいかどうかで最後まで読んでくれるかが変わります。
文章は短く読みやすくまとめながら
少しづつ物語調にもっていくわけです。

物語調にストーリを作っていくときには主人公を決めること。
アフィリエイトなら主人公は書いているブロガーまたは読んでいるひとです。
読んでいるひとを物語にするときにはペルソナを考えます。
どんな人がどんな環境で、いつどこで、なぜ悩んでいるのか。
共感をよぶ記事が書けるのは序盤から中盤のところです。

中盤の記事の書き方

ページの構成は物語調で書くのがおすすめです。
文章が読みやすくなり惹きつける力が出てきます。
書き方は、時系列で誰がどうしたというのを書くだけ。

レビュー記事を物語調で書くなら、
「扇風機を買ってみた。いままではクーラーだけだったけど外の空気を取り込むのは気持ちが良い。
窓が開けられるようになったので鳥の声が聞こえてきて・・・」
というようになる。
商品を買ったらできることを書いていく。

知りたい情報を書いていくのも中盤です。
情報を多めにどんどん書いていきましょう。
ペルソナが何を悩んでいて、どうやって解決できるのかを書きます。
記事を早く書くことができるどうか、中盤を集中して書くことがコツです。

中盤の記事でポイントになるのが画像の使い方です。
最後まで読んでもらわなければいけないから飽きさせないこと。
ある程度の文字数になると読むのがしんどくなってきます。
そこで文章に関係する画像を配置していきましょう。

売れる記事まとめ

SEO的にはタイトルにあったキーワードをなるべく左寄せで書きます。
段落の中の文章とかも全て左です。
売れる記事はこころが揺さぶられますがネットの場合にはそれだけではないということですね。

書く時に一気に書きましょう。
売れる記事を書こうと力が入りすぎても、なかなか筆が進まないということがあります。
あまり深く考えずに勢いで書くのもコツですね。
完璧である必要はありません。
情報をたくさん入れて後で無駄を削るやり方がおすすめです。
コンテンツの文字数は最終的には2000~3000文字になればOKです。

記事を書くための関連ページ

記事を書くためには色々な技や、やり方があります。
関連するページなのでぜひ読んでみてくださいね。
ライティングは長文で書くいわゆるSEOの効果も狙っていく必要があります。

アフィリエイトの特化型ブログを始めたばかりの時にはまずは記事数が必要になります。
記事を書くスピードを速くすることでまずは記事数を増やすことをおすすめします。1日10記事書くことも論理的に可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA