ブログを毎日更新するコツ【アフィリエイトで稼ぐ】

記事を毎日更新

ブログを毎日更新するコツをまとめてみました。
Webサイトは記事を毎日更新した方が良いですね。
検索のクローラーも回ってくるようになります。

毎日、ブログを更新することでアクセスはアップします。
とくにアフィリエイトで稼ぐ時にはどれだけ関連する記事数をアップするかによって、ライバルサイトに勝てるかどうかが決まってきます。

しかし、毎日書くこともなく続けてページを作って更新していくというのはなかなか大変なものです。
そんなときにおすすめの書くための方法をご紹介します。

ブログを毎日更新するコツ

ブログは毎日書くことで一定のファンが付きます。
あれ、このブログ前にも見たな。ブックマークしようという感じですね。

書くことが無いとサイトの更新や新しい記事を追加していくのも難しいですね。
一番のおすすめは気になっていることを書くということです。

まずは検索ボリュームを意識しなくても良いのです。
毎日、ブログの記事を更新していくことがコツです。
検索ボリュームで大きなキーワードを狙ってもサイト開設をしたばかりの時には他のWebサイトに勝つことは難しいのでニッチで良いのです。
むしろニッチなキーワードで1位をとっていきましょう。
ニッチ過ぎると誰も見ない埋もれたWebページになってしまいます。
記事のタイトルにはミドルワードの後ろにロングテールのキーワードをくっつけてしまいましょう。

たとえば「イチロー引退会見」のテレビを見てに強く心を打たれたとします。
そうしたら、テレビを見た感想を書いてしまえば良いのです。
検索にかかるように「名言」「発言」などの言葉をたします。

ブログを見たいと思う心理は情報収集や面白い記事を読みたい共感だったりします。
それなら自分が気になっていることを書けば必ず誰か同じようなことを考えているはずです。

アフィリエイトでは何ページ書くか

アフィエイトでは毎日何ページ記事を追加していくのかというのが勝負のわかれめです。
専門ブログで多いサイトでは8000ページぐらいあるので1日10ページ書くのか20ページ書くのか、勝負に勝つための戦略を決めておく必要があります。

ブログを毎日なにを書くか

ブログを毎日なにを書くかゴールを明確にしましょう。
毎日記事を1ページ追加するのか、それとも3ページ追加するかによってもやり方は違ってくるはずです。

または毎日、1ページに加筆していくというやり方もあります。
忙しくてなかなか書けないという時には見出しを1つ追加するのを目標にすることもできます。

毎日書くためにはゴールを決めておくことで書き方もかわるし、ゴールを達成した満足感で書き続けることができるわけです。

ブログを書けない時

ブログを書けない時というのもあります。
テレビをだらだら見てしまう日もあります。
なんでテレビを見続けてしまったのか書いてみてはどうでしょうか。

書けないときにはたまには、毎日の仕事に疲れて土日はゆっくりするのも良いと思います。
実際アフィリエイターやブロガーはすべての人がプロブロガーではないからです。
みんな仕事をして片手間でブログを書いています。

だけど貪欲に、どれだけゆっくりできたか記事を更新するのもコツの1つです。
ツタヤでビデオを借りて見たら感想を書くことができます。
話題の映画やDVDを見れば検索をするひとも多いでしょう。
あまり有名な映画ではなかったとしてもロングテールのページとしてWebサイトでは効果的です。

短い文章しかかけない日もあります。
継続する事が大事なので、
毎日、2000文字を書かなくても良いでしょう。
文章が短い時があっても良いのでアップしてしまいましょう。

でもあとから必ず文章は付けたすことが大事です。
やはり短い文章が多く、品質が悪いページが増えるとサイトの評価が落ちてしまうからです。
ライティングは長文で書くのがSEOで集客をする基本です。

まずはパソコンを立ち上げてwordpressの更新画面で「新規追加」をしていつでも記事を追加できる環境にもっていきます。
書けなくても良いのです。
書けるまで座り続けます。画面を見ていて「うーん」と唸るでしょう。
書くことがなくなって暇つぶしに検索でもしてみますか。
その検索ワードで記事を書いてみてはどうでしょう。
無意識レベルで興味があるのはなんとなく検索したそのキーワードです。

毎日書くのは文章力を上げるトレーニング

毎日書くということは文章力を上げるトレーニングです。
継続して書いていくと必ず文章は上達するし、語彙も増えてきます。

これはいろんなブロガーが書いていることですね。
プロのライターさんも毎日書いています。ネタを毎日メモします。

アウトプットするテクニックというのはアウトプットする量で決まります。
ピカソや葛飾北斎が多作であったのもうなずけます。

毎日の当たり前のことでもトレーニングだと思って書いてみましょう。
自分にとってはつまらないことや当たり前のことでも、他の人にとっては当たり前ではないこともあります。
それは記事を追加、更新していかないとAnalyticsで検証することすらできません。
まずはやってみる。続けることがコツです。

スーパーにいったらこんな商品があったみたいなことを書くこともできます。
日常的なことは検索することは少ないかもしれませんが、情報として公開しておけば誰かの役に立つことがあるかもしれません。

SEO的には情報を頻繁に公開しておけばクローラーが回ってきてくれます。
クローラーのボットが全く巡回してこなくなるということは無いですが、サイト更新の頻度が低いとクローラーの巡回頻度も低くなります。

完全に毎日記事を書くのは難しいかもしれませんが、
毎日のように新しい記事を書いて公開していくのは楽しくなってきますよ。

記事を書くモチベーションをたもつ

記事を書くモチベーションをたもつ工夫も必要です。
効果的なのは同じジャンルで同時期に始めたブログを見つけるということですね。
勝手にライバルを作るわけです。

Googleで始めたころの期間を指定して「ブログをはじめました」とか検索すればライバルが見つかるかもしれませんね。
アイツも書いているからオレも書こうというモチベーションにつながりやすいのでおすすめです。