ペラサイトは複数ページ書くことでSEO効果高くなる

何文字書けば良いか

ペラサイトは複数ページ書くことでSEO効果高くなります。

ペラサイトを作ったけど上位表示されないのはなんで?
という疑問やインデックスすらされない場合もあります。

理由は、文字数が少ないか内部リンクがないからのどちらかです。
文字数を5000文字以上書くのは結構大変なので複数のページをもつことが効果的です。

ペラサイトは複数ページ書く

ペラサイトを書く時には5ページ~10ぐらいの複数のページで書きましょう。
ページ数が増えるということはそれだけ検索されるチャンスも増えて、内部リンクも増えるからです。
メインの1ページを内部リンクで補強するための2ページ目という考え方でページを増やしていきます。

ペラサイトは通常のサイトに比べてサイトを用意する事前準備が圧倒的に楽なので、1ページで稼ぐことができるのであればそれが一番です。
ただし、現状はそう簡単に成功するものではありません。

1つのテーマに沿って専門サイトを作るのが一番SEOに強いです。
1ページに集中をして長文で書いてそれを補足するページをリンクしていきます。

ペラサイトの場合には基本としては
コンテンツの複数ページあるサイトに1ページだけで順位的に勝たなければいけません。

どのキーワードなら複数ページに勝てて、どのキーワードなら勝てないのか。

ニッチによれば勝てますが寄り過ぎると集客できなくなります。
そのバランス感覚がペラサイト作りには必要です。

ペラサイトを作って成功しているひともいるので1ページぐらいは当てたいものです。

SEOに強いペラサイトの作り方

ペラサイトは2語~3語で作ります。
1つのテーマに絞って、複合キーワードでタイトルを作ります。
作ったタイトルに合わせて見出しと文章を書いていきます。

ペラサイトの場合は最低でも5000文字が目安といわれています。

特化型のウェブサイトに比べると文字数が必要なんですね。

自分のブログなどから一本だけリンクすることが必要なようです。

ペラサイトは失敗を前提に作る

ペラサイトは失敗を前提に作った方が良いでしょう。
なかなか売り上げを上げるペラサイトを作るのは難しいものです。

1.実験をするためのペラサイト
2.リンクを張るためのペラサイト

アフィリエイトのペラサイトの成功例のページもご参考ください。
やはり上手く行っているサイトを見て書き方のノウハウを吸収するのが早いですね。

失敗しても何かしらに使うことを前提に作った方が良いでしょう。
ただし、ドメインは1年経過するとそれなりに金額が出てくるので注意です。