中古ドメインのメリットとデメリット【調べ方と購入方法とは?】

中古ドメインの調べ方

中古ドメインのメリットとデメリットについてまとめました。

中古ドメインってサテライトサイトでSEOの効果があるの?
っていう疑問があると思います。

以前使われていたサイトのドメインの被リンクは受け継げる可能性があります。
ただし、ドメインが使われなくなって期間が空いたものは難しいですね。

中古ドメインは探すのも時間がかかるので、あえて新規にドメインを作るというのも選択肢の一つです。

中古ドメインのメリットとデメリット

中古ドメインのメリットとしてサテライトサイトをおすすめするということはできません。
過去の古いSEOの手法といえます。
スパムになってしまえば、今まで努力をしたメインサイトが圏外へ飛ばされてしまいます。

スパムのリスクをかかえてわざわざ中古ドメインでサテライトサイトをつくるメリットは無いでしょう。
そのようなドメインの使い方ではデメリットになってしまいます。

ただし、サイトを開設するスタートアップとして中古ドメインを使うのはメリットがあります。
やはりページのインデックスが速いのです。
もしバックリンクがあったサイトならそのまま使える可能性が高いのがメリットです。

バックリンクを目的で中古ドメインを購入するのであればリンク元を調べておいた方が間違えありません。
サーチコンソールがあればリンク元を調べられますが購入前は調べられないのでURLで検索すると出てくる場合があります。

中古ドメインの買い方や調べ方

中古ドメインを買うなら有名なのはお名前.comのオークションですね。
「com」のみのドメインの取扱です。

自分でドメインを調べることもできます。
中古ドメインを調べるにはexpireddomains.netを使います。
ExpiredDomains.netは使われていないドメインを探すのに効率的です。
こちらのhttp://webfood.info/usage-of-expired-domains-net/ webfoodさんのページで詳しく掲載されていますね。

良いものが見つかったらお名前.comなどの登録業者から購入すればOKです。
とにかく検索をして以前のサイトの運用状況をよくチェックした方が良いです。

今までの経緯が全く解らないのでGoogleで必ずドメインを調べましょう。

過去のサイトはhttp://web.archive.org/で見ることができます。
どんなサイトだったか確認しましょう。

中古ドメインはどんなところから被リンクをうけているか調べることも大事です。
SEO対策をするためのリンク集だらけであれば使えないドメインです。
うっかり使ってしまうとペナルティーを受けているので頑張って書いても伸び悩むでしょう。
被リンクチェックツール

ドメインで検索をすれば関係した情報が出てきます。
倒産している会社のものやブラックなドメインもあります。

特にブラックなものは詐欺まがいのドメインもあります。
うっかり手を出してトラブルに巻き込まれないようにしなければいけません。

スタートアップは中古ドメインは良いとされていますが、良いことだけではありません。
良くも悪くも以前の中古ドメインの被リンクの内容を全て引き継いでスタートすることになります。

ブログの初心者の方は、何も気にすることなく新しいドメインでコンテンツ作りをすることをおすすめします。
ドメインを取得する方法は簡単なので好きなドメインで始めるのもありです。
新規のドメインでも記事をコツコツと書いてページ数があれば評価されます。
新規ドメインは何ヶ月でアクセスが集まるのか