ドメイン取得をするための方法

ドメイン取得

ドメイン取得をするための方法です。

ドメインって何ですか?という初心者の方向けになるべく分かりやすくまとめます。
ドメインはWebサイトを作成したことのある方以外ではあまりよくわからないと思いますが
インターネットでWebページを表示するための住所のようなものです。

例えばこのWebサイトの場合は
プログラミング.site
になります。
http://123.123.123のようなWebページを見るためのアドレスを「123.123.123」の代わりに「プログラミング.site」を表示することができます。
この「プログラミング.site」がドメインです。
Webサイト (ホームページ)をこれから作る人は、ドメインは使っている人がいなければ自由に決めることができます。

ドメイン(プログラミング.site)は、DNSを設定することによって設定できます。IPを指定→「「123.123.123」の代わりに「プログラミング.site」を表示」

ドメインを取得するには

例えば複数の人が同じ「プログラミング.site」を登録することのないように、レジストラと呼ばれるドメインの登録会社が管理をして「地域インターネットレジストリ」という組織へ登録をするとドメインが使えるようになります。
取得をできる会社は国内で数社ありますが、レジストラで一番有名なのはお名前.comだと思います。
人気のものとそうでないものでは値段が違うというところが面白いところですね。

ドメイン取得は簡単

ドメインの取得は簡単です。

手順は、
1.お名前.comで使いたい言葉を探す
例えば、「domein123123」
そして、選択できるようであれば後ろに続く種類を選択します。
「domein123123」+「.com」
「domein123123」+「.net」
「domein123123」+「.jp」

最初の部分は日本語を使うこともできますが、英数字を使うことの方が多いです。
後ろに続くドメインの種類はそれぞれで価格が変わります。
年間の費用は30円ぐらい~2500円ぐらいで利用することができます。

2.そのドメインを他に使っている人がいなければ取得ができます。
お名前.comの場合にはそのまま1年契約からの選択で決済をして完了です。
ドメインの取得までは簡単です。

3.DNSレコード設定を設定します。
現在使っているWebサイトに新規取得をしたドメインを設定します。

中古ドメインとは

他の利用者が過去にいたドメインを中古ドメインといいます。
たとえば「プログラミング.site」のドメインを手放した場合、中古ドメインとよばれるものになります。
なぜ中古があるかというと、
過去に利用されたドメイン取得されたものはは評価が引き継がれるからです。
スパムを受けたことのあるようなドメインは悪い影響も引き継いでしまいます。
早くインデックスされるなどのメリットもありますがデメリットも踏まえて利用したいですね。

ドメイン取得の時の名前の決め方

ドメインを決めるのは楽しいですが、なかなか決まらないものです。
基本的にはサイト名をドメイン名にします。
amazon.co.jp アマゾン のように、サイト名になっています。
URLとサイト名が一致するので覚えやすいということですね。
そしてSEOとも関係する部分です。japan123456.jpなら日本に関係すると認識するでしょう。
ただしころころ変えるものではないので、そのサイトの運用目的に合うものが良いと思います。
失敗例としてはあまりにも限定されたドメインだと後から使いにくくなってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA