日本語ドメインはデメリットが大きいので使ってはいけない

日本語ドメイン

日本語ドメインはデメリットが大きいので使ってはいけないと考えています。

サイト開設時は日本語ドメインと英語のドメインはどちらが良いか悩みますよね。

日本語ドメインはデメリットが大きい

日本語ドメインのデメリットは分析ツールなどで文字化けをして解らないということです。
半角英数字と%の文字列がごちゃまぜで表記されるとツールによってはどのURLか把握できなくなってしまうのです。

日本語でURLをやりはじめた時にはデメリットが大きく後悔しかありません。
このサイトは日本語ドメインなので後から「やっちまった」と思いました。
ページは英語に都度なおしていますが、日本語URLは使ってはいけないです。

SEO的にはそれほど大差ないようですが、日本語ドメインは分析ツールなどでなかなか面倒な場合がかなりあります。
海外のSEO対策ツールでは日本語URLには対応していないものがほとんどです。

ファイル名も日本語は使わない

アフィリエイトやブログの記事などが日本語を入れるとそのままファイル名になる場合は要注意です。
ページの場合も日本語はおすすめできません。
一時はSEO的な効果があるということでこぞって使ったこともありますが日本語に特別な優位性はありません。
アルファベットなど英語のファイル名にしておいた方が分析する時に楽になります。

日本語ドメインはPunycode変換が面倒

Punycodeに変換するのが面倒なので日本語を使わない場合もあります。

海外のSEOツールなどを使う時には日本語URLは不便なのでサイト分析をする場合には英語URLの方がおすすめです。

ローマ字もグーグルは認識するようで「花」で検索すると「hana」の文字が入ったドメインも多く上位に見られます。

日本語ドメインはおすすめできない理由としては
なんのソフトを入れるにしても解析ツールでは日本語が扱えないものもある。

特に海外のSEO解析やサイトマップツールなどでも日本語URLではエラーになったりするものが多い。

日本語ドメインのメリットは選べるドメインが豊富ということにつきます。
読めるURLなので親しみも感じやすいですね。
サーチコンソールは日本語に対応するようになったので解りやすくなりました。

ドメインの種類によってSEOの効果が変わることはありません。
日本語の方が若干SEOで有利とされていますがそれほど大差はありません。

ドメインを取得する時には日本語の方が空いているので選択するのも良いでしょう。
でも、よく考えた方が良い。
後々面倒な場合が多いからです。