まとめサイトはなぜSEOに強いのか

まとめサイトはなぜSEOに強いのか

「まとめサイトはなぜSEOに強いのか」というのをまとめてみました。
上位表示されるには存在意義や構造などで優れているからです。

まとめサイトはなぜ強い

まとめサイトとは、いわゆるキュレーションサイトといわれているサイトです。
「NAVER まとめ」「はてなブックマーク」とかですね。

SEO対策として日本用のペナルティーが発動されたが、それでもまだ上位表示されている。
1位から5位まで独占ということは見られなくなったがそれでも検索の1ページ目には出てきます。

なぜSEOに強いかというと、1ページが一つのテーマに沿って複数の人で作った文章の集合体なので伝えたいテーマがぶれていないということ。
余計なことが書かれていないので効率よく読みたいというニーズにまとめ記事は合っているといえます。

まとめサイトのseo対策っていうのはコメントですね。
SNSで拡散して広まって利用者が増えてドメインが強くなるというサイクルです。
多くのひとが使っているというのが特徴です。

SEOに強い一番の要素

SEOに強い一番の要素はページ数ですね。
通常のサイトとは違ってページの数が半端ではない。
1800万ページぐらいある。

つまりオリジナルで書くわけではなく、ツイッターのつぶやきを埋め込んだり、記事をどんどんコピペして、まとめサイトのページを作っていくので
1ページのコンテンツを作るスピードが速いわけです。

ページ数が多ければ対応するキーワードも多いとうこと。
ニッチなキーワードでもページが多ければロングテールでSEO対策になります。

検索に対する答えの情報が圧縮されて密度が濃いのもSEOに強い要因の一つでしょう。
継ぎ接ぎだらけのページをコンテンツと呼べるかどうかは疑問ですが。

まとめサイトは鬱陶しい。というのが正直なところだ。
他のひとの文章で利益を横取りしているわけで横暴極まりない。

もうひとつの要因としては外部への発リンクがSEOの効果を発揮している。

網羅性が高い

まとめサイトがSEOに強い理由は、コンテンツの網羅性が高いといえます。
ページタイトルの集約がまとめサイトなので色々なエッセンスが書いた人ごとに切り口で書かれています。
つまり検索ボックスにキーワードに入れた多くのサジェストが見出しに入っているわけです。
現在はまとめサイトへのペナルティーもできて、網羅性だけでは上位表示することはできません。

ですので、SEOでは網羅性にプラスして、専門性が大事になってきます。
網羅性があるコンテンツ
深く掘り下げて書いていくことが必要になります。
色々な語彙で自然にしっかり書いていくことがSEOで力を発揮していく要素になります。

まとめサイトがSEOで強い理由

  • ページ数が多い
  • 外部リンクが多く他のサイトとつながっている
  • twitterなどの細かい情報が集約されている
  • 網羅性が高い

wordpressでまとめサイトのように引用するには

wordpressでまとめサイトのように引用することはできます。

wordpressでコツコツ書いていくのは時間もかかるし
労力もいるのだけど、まとめサイトの場合はとにかくスピードが速い。
まとめるだけなので1ページ1時間もかからずにできてしまう。
wordpressで引用するときにはblockquoteを使って正しくコーディングをすべきです。
ビジュアルエディタの「”」マークを使えば良いですね。

まとめサイトのようにリンクをするには
タイトルをそのまま入れましょう。
自分の文章ではないところには出典という記載が必要です。

まとめサイトはニュース性がある

まとめサイトはニュース性がある。
若い世代ほどニュースを見るよりもまとめサイトで情報を得ている。
情報の信頼性というのは新聞やニュースとネットで個人が運営しているニュースでは信頼性の差がある。

若いひとほどまとめサイトを見るのは、まとめサイトをニュースとして見ている反面、エンターテイメント性を求めているからだ。
つまり、新聞を雑誌と同じように面白そうなニュースを見ているという感覚に近い。

色々な情報を自分の意思で選択できるというのがまとめサイトの強いところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA