meta descriptionのSEO効果とは?150文字で概要を書く

meta descriptionのSEOの効果

meta descriptionの効果とは?
meta description(メタディスクリプション)を書かなくても問題ないものでしょうか?
実は、クリック率を上げる大事な要素です。Webページの概要をきちんと書いてページの伝えたいことを書くことをおすすめします。

descriptionのSEO効果は、結論としてどちらかというとメタディスクリプションを書いたほうが良いです。
ライバルになるキーワードで検索をしてみてください。
おそらく上位表示されているサイトはディスクリプションをきちんと書いているサイトが多いのに気づくはずです。
いつGoogleがメタディスクリプションを検索のアルゴリズムの要素の一部として使うかわかりません。
やれることは対処すべきというのがSEOの基本です。

メタディスクリプションを書くべきもう一つの理由はSearch Consoleで重複するシステムを整備してあることです。
本当に説明文が意味のないものであるならば、わざわざチェックツールを用意する必要は無いはずです。

書かなくても問題ないという話も多いのですが順位には関係ないということです。
説明文があった方がユーザーにとって参考になります。

meta descriptionが無い場合にはgoogleが勝手に検索結果に説明文を入れることになります。

descriptionを書くコツはそれぞれのページにオリジナルの文章で入れるということです。
ほとんど読まれていないので時間をかける必要はありませんが、読みたくなるようなクリックしてしまう文章を入れましょう。
検索で使ったキーワードは太字になるので検索されるワードを左側に入れることも大事です。

meta descriptionは150文字で概要を書く

meta descriptionはなぜ150文字なのかというとGoogleの検索結果では130文字ぐらいまでは表示されます。
なら150文字は不要ではないかと思いますが、テーマによってはwordpressの抜粋に入れておけばカテゴリページに文章として使えるわけです。
それであれば、description自体はSEOのためではないかもしれませんが、カテゴリページで間接的にSEOの効果が出てくるわけです。
狙ったキーワード一緒に検索されそうな言葉をいれておきましょう。検索後に太字で強調されます。

150文字で概要を伝えるコツは装飾を極力省くことです。
キーワードの羅列にならない程度に、ズバッとシンプルに大事なキーワードを組み合わせて伝えましょう。

  • 書き方は150文字ぐらいで作成
  • メタディスクリプションは重複しないようにする
  • 狙ったキーワード一緒に検索されそうな言葉をいれておく

SEO対策としてのdescriptionの効果というのはないのであまり時間をかけずに書くのがおすすめです。
究極的にはdescriptionを書かなくても順位には影響しません。
ただし、意図しない説明文が検索結果に表示されてしまうことがあるので、検索で上位表示されるメインのページにはきちんと設定しておいた方が良いでしょう。

あくまで検索はコンテンツの内容が重要です。ライティング seoもご参考ください。
読まれる内容を充実させていくことで内部リンクできる文言も増えていくため、大幅にサイト全体のPVが底上げされます。