文字数で何文字書けばSEOの効果がある?

文字は何文字必要か

文字数で何文字書けばSEOの効果があるかまとめてみました。

前提としては、2000~6000文字で数が多い方が良いにこしたことはないですが、書く時間は少ない方が良いものです。

逆にいえば2000文字に足りていないコンテンツは本来のコンテンツの効果が出ていない可能性もあります。

何文字書けばSEOの効果がある?

何文字書けばSEOの効果があるかという答えですが、
ビッグワードなら10,000文字でないと上位にはこないでしょう。

ビッグキーワードなのかミドルキーワードなのかまたは、ニッチなキーワードなのかどうかによっても何文字でSEOの効果が出てくるのかが決まってきます。
10,000文字っていうのは相当大変です。
一日では書けないので数日を使って書くことになりますが、何を書いたか解らなくならないように最初に文章の構造を作っておく必要があります。

最初にH1~H4ぐらいの見出しを作っておいて、それを埋めていくようなイメージです。
見出しさえあればそれに段落を入れていくだけなのでそれほど難しいライティングではありません。

何文字書けばよいのかは競合サイトも関係

ライバルのサイトがどれだけ文字数を使っているかということに影響します。
Googleの検索結果は基本的には競合の状況によって相対的に順位が決まってくるからです。
もちろんドメインパワーやサイトの年齢など文字数以外の要素も多くあります。

例えば、あまり使われないような名前で検索してみれば解りますが、150文字ぐらいであっても上位にきています。
つまり何文字あれば良いかというのは競合するサイトを上位3サイト見て、同じボリュームを書けば上位に入る可能性があります。

1サイトに何ページあればSEOの効果があるのかというのも重要です。同じようなテーマのページをサイトの中で何ページ書けば良いのかということです。

文字数とSEOのまとめ

少ないと共起語や関係する言葉も減るため、文字数は多い方が有利にである。

結論からすると2000文字以上あれば一定の効果があるのではないかと考えられます。
2000文字を毎日書くというのは結構大変です。
ふつうは仕事をしながらブログを書いたりしていますから空いた時間でアフィリエイトをしたりしています。
なので、2000文字以上書こうとした場合にはすでに内容もおおよそ頭の中で固まっていてあとはタイピングするだけ、という状態にしておくのが良いですね。

2000文字以上あれば数打ちゃ当たる方式で、何かしらの共起語が生まれてGoogleが勝手に検索意図を汲み取って、検索結果に表示してくれるかもしれません。

長文のライティングはやはりSEOで強いです。アフィリエイターが長文記事を書いているのは検索で上位表示させたいからです。
>>ライティングは長文で書く!情報収集がコツ【SEO】
こちらの記事もおすすめです。

6000文字ぐらいになってくれば関連ページを周りに内部をリンクを貼ればミドルワードでもハブページにすることで上位表示することができます。
ハブページにするやり方というのは結構な時間をとられます。
ですが1000文字ぐらいの記事をやみくもにアップロードするよりは確実にPVを稼いでいくことができますね。

ページ数を増やすのも長文のページを書くにして結局はかかねばなりません。
息を吸うのと同じように文字を書き続けられたら良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA