SEOに強いサイト名の決め方は覚えやすく【ブランディング】

サイト名の付け方

SEOに強いサイト名の決め方は覚えやすいのが基本です。

サイト名の決め方とはいっても最初は悩むものです。
ずっと使える良い名前は短い方が覚えやすいですね。

サイト名と同じようにドメイン名も重要です。
基本的にはコンテンツが一番評価されますが、ちょっとしたところで相対的な順位で他のサイトより上位表示されます。
特にテーマが統一されていてドメイン名も内容に一致していれば意図しないページでも上位表示されることもあります。

SEOに強いサイト名とは

SEOに強いサイト名とはどういう名称が良いのでしょうか?
上位表示されるための名前の付け方です。

SEOの効果のあるWebサイト名の決め方は、コンセプトは伝わるか。
ブランディングが大事です。
オリジナリティーはあるかどうか。

いきなり結論ですが、サイトのテーマを表すキーワードを名前に付けるのがSEO的には強いです。
本のアフィリエイトならbook〇〇.comみたいな感じですね。

本の〇〇みたいに、ページでつかうキーワードを入れてしまうとキーワードが2つになってしまう危険があるので、直接的なキーワードは避けた方が後々のサイト運営が楽になります。

力を入れたサイトはサイト名に決める時間は長くなるでしょう。
丸一日、サイトの名称を考えたこともあります。
でも、時間がかかって決めたサイト名は長続きします。

適当に決めたサイト名というのは後で何かがひっかかって継続しなくなるものです。
良い名称を付けてビッグなサイトにしていきましょう。

早速ですが、検索をすると色々なサイトの名称があるのがわかります。
ライターさんの名前とか会社名とかブランド名とか色々あります。

信頼できそうな名前も良いです。
「〇〇の達人」「俺の〇〇」「〇〇ナビ」「〇〇図鑑」「〇〇大全」「〇〇プロ」「〇〇生活」など

短いサイト名でブランディング

短いサイト名でブランディングをしましょう。
サイト名は短い方が覚えやすいですね。
しかも、サイト名が短ければページタイトルはその分長くできるので有利になります。
短い場合には、すでに付けられていないかどうかチェックしましょう。

競合に勝てるサイトのネーミングかどうか、自分がユーザーなら興味を持てるサイト名かというのも大事なポイントです。

テーマを表現しているサイト名なのか、それとも覚えやすいのを優先させるのかという戦略的な部分もあります。

サイト名を決定してからドメインを決める場合には、
ドメインがすでに使われていないかチェックをして、総合的に考える必要がありますね。

ドメインを決めてサイトを作り始めたらあとはガシガシと記事を書きまくるだけです。
ページはタイトルのつけ方もぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA