SEOに強いキーワードの選び方【ブログやアフィリエイトで必須】

キーワードの選び方

SEOに強いキーワードの選び方をまとめました。
ブログやアフィリエイトで上位表示させるためのコツです。

キーワードの選び方でSEOで上位表示させるには、どんなキーワードを選べば良いかあたまを悩ませることはありますよね。
悩んで色々と考えている時には大量のキーワードから選ぼうとしていないでしょうか。

まずは、その作りたいWebサイトのコンテンツをどのようなものにして、アフィリエイトでどんな人に書きたい記事なのかキーワードをイメージすることが必要です。
どんなものを売りたいかというのもキーワード選びのポイントの1つですね。

その後に、Googleキーワードプランナーを使います。
書きたい記事の柱になりそうな言葉の上位3つぐらいの3語を使って1ページを作るイメージです。

SEOキーワード選定は、1語や2語だとみんなが使っているので競争が激しいです。

競合のページのURLをキーワードプランナーに入れて、関連ワードから選ぶのもありです。

SEOキーワードの意図

キーワードの意図に沿って組み合わせて使う。

購入系のキーワード

購入系のキーワードで作るとコンバージョンが高くなります。
アフィリエイトの場合にはコンバージョンを上げる方法の記事もおすすめです。

商品名が「SEO虎の巻」なら、下記のような感じです。
「SEO虎の巻」の購入
「SEO虎の巻」の割引
「SEO虎の巻」が激安
「SEO虎の巻」を格安
「SEO虎の巻」通販
あとは、おすすめ・比較などです。

組み合わせるのもありです。
「SEO虎の巻」を激安で購入

商品系キーワード

商品系キーワードは商標を使うのですが、検索の表示回数は少ないでしょう。
コンバージョンは高い傾向にあります。

鉄板のやり方は下記のようなキーワードの使い方です。
商品名+価格
商品名+評判
商品名+始め方
商品名+やり方

悩み系のキーワード

悩み系のキーワードは、順位が低くても見てくれる可能性があります。
ユーザーが情報を求めているため、上位に入らなくても探してクリックしてくれるということになります。

悩み系キーワードの例としては、下記のような感じで選びます。
薄毛+対策
SEO+わからない
ニキビ+治し方

Yahooの知恵袋で悩みを見てキーワードの参考にすることもできます。

ライバルサイトのサイトマップを見て使えそうタイトルを使うのもありです。

キーワードを選んでから文章を書くコツ

キーワードを選んでから文章を書くコツとしては、1記事にたいして1キーワードについて書くことです。

狙ったテーマで1ページを書くことは非常に重要です。
書きたい内容をサイトのタイトルに3語~4語のキーワードで設定します。

テーマが一つであればページのキーワードは統一されますが、
テーマが無く2つ、3つ合わせてキーワードについて書こうとすると関連するワードもぶれます。
そのため、狙っていたキーワードにフォーカスされずに分散してしまうわけです。
Googleもページを見てどのキーワードで上位表示させれば良いかコンテンツの内容が解らなくなります。

そして、そのキーワードはどんな人が読むのか、背景や人を思い浮かべながら書くことでキーワードの周囲にある関連するワードも出てきます。

競合の少ないSEOキーワード選定

Webサイトを立ち上げて間もない時などで、アクセスが全く無い時には競合の少ないキーワードを選びましょう。

SEOキーワード難易度チェックツールもおすすめです。
使ってみると解りますが、なかなか正確であろう数字がでるので参考になります。

競合の少ないキーワードというのは、単純に数ではありません。
5000サイトのページがインデックスされていたとしても上位のページが大した内容ではなければ勝つ見込みがあります。

ですので、キーワードを選ぶ時には
実際にGoogleでキーワードで検索をしてみて勝てそうかどうか見てみることが大事です。