1サイトに何ページあればSEOの効果がある?

サイトに何ページあればSEOの効果があるか

1サイトに何ページあればSEOの効果があるのかまとめてみました。

サイトを立ち上げたばかりの時にはアクセスも集まらないのでページを作ることになりますね?
何ページあればSEOに役立って、人に見てもらえるようになるのかとうのは重要なことです。

何文字書けばSEOの効果があるかでは、2000文字という結論になりました。
さらに記事が1つのWebサイトに何ページあれば良いのだろうかということです。

サイトに効果があるページ数は年々変わってきています。
以前はページ数があればある程よいという風潮がありました。
しかし、その後は1ページだけでも上位にくるペラサイトが出るようになり、今ではペラサイトでは上位表示は難しいと言われています。

何記事書けばアクセスが上がるのかというと競合の数や記事のテーマによっても変わります。
結論としては1サイトに何ページあれば良いか調べていくと基本的にはページ数が多い方が有利です。
Webサイトは5ページより、50ページのサイトあるドメインの方が評価されます。

キュレーションサイトのようなまとめ記事が良い例ですね。
コンテンツの質が低くてもページ数が圧倒的に数万ページになってくるとSEOの効果もあります。

何ページあればSEOの効果があるのかという答えは
最低限のページ数として50ページあれば効果があるでしょう。

Googleがサイト作成について案内しているからですね。

評価されているページが5ページよりは、評価されているページが50ページの方が優位です。
ただし、低品質なページが50ページあるのであれば、高品質5ページの方が良いです。

いわゆるパンダ・アップデートですが、
低品質なページにはトラフィックを送りたく無いとGoogleは考えています。

まとめると、ページ数は多い方通いが無駄なページなら無い方が良いということになります。
個人的な感覚ですがサーチコンソールでは1ページが500文字以下は品質が低いと判断される場合が多いですね。
品質が低いページを書くクセがつくとなかなか大変です。
後から品質が低いページを探すというのは非常にめんどうだしあまり気が乗らない作業です。
新しい記事を書き続けたほうが書き手からすると楽しいですから。

ページ数が多いと良いことは何かというと、内部リンクが効くようになります。
これは500~1000文字レベルの弱いコンテンツでも30ページぐらい集まると内部リンクとして機能します。
ハブにしたページは順位が上がるのでぜひ試してみてください。

ですのでアフィリエイターがよくやる手法としては商品ページを個別に作っておいて、ハブベージをランキングページにしてしまうやり方です。
とにかく記事を書きまくるのがWebビジネスの基本ですね。
最近のGoogleは賢いのは後からSEOが付いてくるという感じがします。