SEOでオリジナリティの高いコンテンツとは

オリジナルのコンテンツ

コンテンツを書いている時にSEOでオリジナリティーって気になりますよね?

SEOでオリジナリティーを追求して効果が出るのでしょうか。
そして、独自性の高い記事はどこまで評価されるのか。

オリジナリティのあるコンテンツはマイノリティーです。
他のひとで書くひとがいないだろうなというのがオリジナリティーが高い記事になります。

結論からいうと、
オリジナルでも評価は上がらないがコピーの場合にはSEOでマイナスになる。
ということです。

わかりやすく、普遍的に書こうとすると他のサイトの記事と内容がわずかにかぶるようなことがあります。
基本的な内容に加えて自分の体験談や経験を書くとオリジナリティーが出てきます。

オリジナルコンテンツはSEOで強い

オリジナルコンテンツはSEOで上位表示がされやすく独自性が求められます。
逆にいえばコピーサイトは一番品質が低い記事です。
コピーした記事は重複した記事ということになるので同じドメインも同じことになります。
ただし、ペナルティーはないのでサイト全体の順位が落ちるということはありません。
その代り2つのうち一つは検索で引っかからなくなります。

重複しているページかどうかはgoogleのサーチコンソールで見つけることができます。
「カバレッジ」より「重複しています。送信された URL が正規 URL として選択されていません」というところで重複コンテンツのページ数が表示されます。
意図せず重複してしまう場合もありますのでそのような場合はリダイレクトしましょう。

オリジナリティーのある記事の書き方

オリジナリルの記事というのは簡単です。
自分で考えてできるだけ具体的にかけば誰かと重複することはまずないでしょう。

記事の書き方がコピペしていなければ、SEOでペナルティーにはならないのではないかと考えます。
A「犬の首輪が赤い。」という文章
B「犬は首輪をして歩いていた。ワンワンと吠えた。」

もとはAがインデックスされてあとからBが公開されてもコピーとはいえないでしょう。
例のように伝えたいことが似ていたとしても文章量の割合が明らかに違っていたり、違う要素があればオリジナルでしょう。

見出しタグや内容がライバルサイトと似通っているかどうか、チェックは必要です。
特にタイトルとH2は非常に重要です。
H1はタイトルタグと同じになるようにしている場合が多いので気にすることはないでしょう。
悪意がなくても似てしまうことはあるからですね。

オリジナルのコンテンツを書くコツになりますが、
どうしても他のサイトとかぶってしまう時にはDoをいれましょう。
例を上げると
A「青いアイスは人気だ」
B「人気の青いアイスを食べよう」
AからBのようにすることでグッと訴えかける要素も出てきます。
具体的に色々な言葉が出てくると検索で引っかかる要素が増えてきます。

オリジナリティーということでもう一つ考えなければいけない点があります。
SEOの分析ツールなどがライバルとかぶっていたら非常に危険です。
同じような考え方で改善されていくからです。

つまり、自分の頭でどうしたらユーザーの役にたてるのか考えることが大事です。
SEOツールと違って人間同士は生まれも育ちもちがうので同じページはできにくいものです。
ただし、検索エンジンのクセは理解しながらオリジナルのコンテンツを書いていく必要があります。

突飛なページ。
奇をてらったページというのも検索エンジンでは評価されない。
ただし、自分の意見をズバッと書いたものは人間にも検索エンジンにも評価される。
なぜならその言葉、言い回しの記事が少ないということになるので、
おのずとオリジナリティーが高くなります。

コンテンツを書く時にはオリジナリルかどうかだけでなく網羅性もあるかどうかも意識しましょう。
独自の文章を目指すと内容が偏りがちになります。
低品質コンテンツの見つけ方も関連するページです。
文章が不足していて評価されないページは網羅性で何かの要素が抜けているかオリジナル性がないかのどちらかです。
評価されないページは書き直せば圏外からランクインすることもあります。

ブログに書くことがないそんな書く時に困ったときでも、他のサイトのコピペはしてはいけません。
他のサイトの文章をパクると気持ちが悪いのもありますが、そもそもコピーコンテンツで順位が上がるということはないでしょう。

トピックを掘り下げて書く

トピックを掘り下げて書くことがページ品質を高めるコツです。
専門性が高い記事というのは内容が濃いことになります。
表面的なキーワードを拾ってページに追記していくまでは網羅性は高くなるかもしれませんが、ユーザーの本質的なニーズをつかむことが大事です。

深く追求した文章を書くけば見出しの階層も充実してきます。
ページのタイトルと関連したキーワードで根本的な話題まで詰めていったり、問題を解決することができればユーザーの役に立つ記事を書くことができます。
掘り下げて書くことでオリジナリティーのあるページになってくるので、もう一歩突っ込んだ記事を書くようにしましょう。

オリジナル画像のSEOの効果

オリジナルの画像はSEOの効果はあるのだろうか?
自分で用意をするのはカメラであってもイラストであっても時間がかかって大変ですよね。

フリー素材の画像を使うこともあると思います。
結論からいうと、
オリジナルの画像かどうかのSEOでの効果はあまり気にしなくてもよさそうです。

画像がなくても上位表示されているサイトはあるし
1位のサイトでも画像で検索をすると多くのページがヒットをする。
ということは検索エンジンにとってはあまり重要とされていません。

でも画像が多いページは読みやすくわかりやすくなるので必要でしょう。
結局、Googleはユーザーに役立つコンテンツを提供したいわけなので、
品質の高いページを作っていれば、何かしらの指標で上位表示される可能性が高いわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA