ページの鮮度はニュース性が関係する-地域性や商品性も関係

ページの最終 更新日

ページの鮮度が高い記事はSEOの効果があるのかまとめました。

新しい記事やリライトした更新日が新しい記事はSEO効果があるのでしょうか?
Googleの公式見解として放ったらかしはダメ。
という文章があるようなので、定期的な更新は順位がプラスに働きます。
つまり、アップした日時が古くて更新日が新しいのが良い状態。
情報が早くメンテナンスされているということになります。

ページの鮮度はニュース性が関係

ページの鮮度はニュース性が関係します。
SEOを考えながらコンテンツを作るときにはニュース性があるようにすれば上位表示されやすくなります。

記事のニュース性ってどういうことなのか、
解らないことはGoogleで検索してみればすぐに確認できます。

検証するために試しに「テニス ランキング」のキーワードで検索をすると今年の記事が上位にきます。
もしニュース性の高い記事があれば何日前という最近の記事が出るでしょう。
つまり、本来は評価されやすい過去に書いた記事ほど上位表示されるはずですが、キーワードによってはページの年齢が古くても上位表示されないわけです。
逆にいえばニュース性の高い記事であれば新しいサイトでも上位表示される可能性があります。
新しいサービスや新しい商品もニュースとして出せば良いわけです。

「地球」で検索をすると普遍的なものなので古いものが表示されそうですが、これも新しい記事が上位にきます。
地球に関するニュースが関わってくるからですね。
ただしランキングほどページの鮮度は関連は低そうです。

商品の場合には新しいページのECサイトが上位表示されます。
「着物」のように昔からあるものでも「商品」の場合には検索をすると楽天やAmazonなどのECサイトが検索結果がでます。

なので、「ニュース」なのか「商品」なのかということは重要です。
ニュースと商品の組み合わせでは商品がでます。

先ほどの例では「地球の図鑑」で検索すれば一気に図鑑の商品が並びます。
「地球」は名詞から修飾語に変わったからですね。

タイトルを付ける時には何も考えずに関連キーワードで詰め込むとこのへんのニュアンスで、検索結果を読み間違えるときがあるので注意です。

「法律」で検索をすると地域に関係する情報が上位に表示される。
市町村で関係する法律事務所などが上にきます。
「水道」でも同じですね。
古い記事でも多少は1ページ目にあったりします。

ただし、水道のキーワードであっても「水道 修理 パーツ」のように商品を喚起させるものであれば
楽天などのECサイトが上位にきます。
すごいですねGoogle。

地域性と商品なのかも関係する

「ニュース性」があるか「商品」なのか「地域性」があるのかというキーワードの特性が効果に関係します。

ついに見つけました。
「ニュース性」「商品」「地域性」がまったくないキーワードは「おばあちゃん」です。
「おばあちゃん」のキーワードではウィキペディア(Wikipedia)で3年前の記事が1位です。
「椅子の作り方」も比較的古いものも出てきます。

そんなわけで「名古屋 ランキング」で検索をすると新しい記事が上位にきます。

まとめ

結論としてはニュース性が高くページを常に鮮度を高くなるように、古い記事はリライトしていけばプラスになるということですね。
とくに新しいニュースは情報に価値があるのでトレンドブログでは使える技です。
情報を常に新しいものに保つというのはSEO対策のなかではホワイトで効果が高いやりかたです。