ブログをスクラッチでプログラミングする価値はあるか

ブログをプログラミングする

ブログをスクラッチでプログラミングする価値はあるか。

フルスクラッチでブログを作る意味があるのか。考えてみました。
wordpressよりも、もっと自由にブログを書きたいと誰もが思うことはあるのではないでしょうか?

ブログといえば、定番はwordpressです。
つまりCMSを自分で作る価値はあるかということですね。

wordpressを使うメリット

wordpressを使うメリットはずばりローンチのスピードです。
すでにできているCMSに体裁を整えてコンテンツを入れていくだけですので非常に早いです。

記事を書いてページを増やしていくことはとても大事。
やはりある程度のページ数がないと読んでくれるひとを増やすことは難しいですね。

WordPressであれば記事を書くことに集中できるのでページ数をどんどん書けます。
50ページ以上になってくればGoogleの検索で上位表示できるページがいくつか出てきます。

ブログの機能も強化することができます。
そして、必要な機能はプラグインで追加していけます。
使いたい時に誰かが作ったプログラムを入れることができるのは便利です。

プラグインは世界中のひとが作っているので
良い機能があればどんどん入れることができます。

フルスクラッチでブログを作るメリット

一番のメリットは、phpやjavascriptやパイソンなどやりたいようにやれるという自由なところですね。
wordpressの場合にはjavascriptを投稿ページに入れるのも面倒くさいので独自のCMSを作ればやりたいことは100%できます。

もう一つフルスクラッチでブログを作るメリットは、セキュリティが高いことです。

wordpressはオープンソース故に脆弱性に問題があります。
みんなが使っているものというのは狙われる確率も高くなります。

プログラミングでコーディングするということは自由です。
思うがままに機能を追加していけるので独自のシステムを作ることができます。

フルスクラッチは機能を追加していける自由さがメリットです。
プログラミングで自由自在に機能を作れます。

楽しいけどもブログを書く時間が無くなるのが最大の欠点ですね。
プログラミングは時間の無駄?の記事もおすすめです。
プログラミングをしてブログのCMSを構築することもできます。