BERTアップデートに対応してSEO対策

BERTアップデートに対応してSEO対策

BERTアップデートに対応してSEO対策をしましょう。

BERTアップデートは2019年10月25日にGoogleに発表された新しいアルゴリズムです。

BERTは汎用言語表現モデルでGoogleが開発した機械学習の表現を学習することができます。
つまり、GoogleのAIに依存する部分が強化されたアップデートともいえます。

BERTアップデートとは?

BERTアップデートは過去5年間でもっとも大きなアルゴリズムの更新になります。
検索意図のクエリを処理するためのアップデートです。

BERTは、「Bidirectional Encoder Representations from Transformers」の略になります。
直訳では「トランスフォーマーからの双方向エンコーダー表現」ということで難しい言葉になりますが、自然言語処理の技術になります。

BERTアップデートは単語それぞれに対応するものではなく文章の単位で影響するのが特長です。
これによりユーザーが探している意図を解釈するのに役立ちます。
検索の10%に影響すると言われておりSEO対策をするには把握しておくべきアップデートです。

BERTアップデートにより検索順位が落ちた場合

BERTアップデートの影響で検索順位が落ちる可能性もあります。
BERTアップデート自体はペナルティーのアルゴリズムではありません。
しかし、文章で影響するということは本来は不要な単語が文章内に入っていた場合には影響してしまう可能性があります。

悪影響の原因として考えられるのは、例え話がページのテーマとは全く関係ない場合です。
解りやすくするために1つの例を記載するというのはライティングする時にはよくあることです。
ですが、その例えが全く関係のない言葉が多く含まれていればページのコンテンツの一部として認識してしまう可能性も出てきます。

特にSEOで影響が大きいと思われるのはテーマーとは全く違う「矛盾」が存在してしまう時です。
意図せず矛盾が含まれていないか、ライティングした後に読み返してチェックすることも大事になるでしょう。

私自身も主語と述語の組み合わせの文章を記載した時にサーチコンソールでキーワードが認識されているのに気づいたことがあります。
ということは、文章でコンテンツを正確に検索意図で洗い出そうとするBERTアップデートではこれまでとは違った影響が出てくる可能性があるからです。

検索意図に合った正確なコーパスに反応するならばライターにとってはこれ以上のことはないでしょう。
今まで停滞していたページが上位表示される可能性もあります。

SEOではBERTアップデートを上手に利用する

SEOではBERTアップデートを上手に利用することが大事です。

つまり、自然言語処理の技術の1つということになるので機械可読性を高めるということです。
文章を書く時に人間に伝えると同時に機械にとっても解りやすく書くことが大事です。

人に何かを伝えようとした時には主語を省略したりすることは、日本語の場合にはよくあることです。
俳句のように本来存在しない言葉を汲み取れるような簡潔な文章というのが日本人にとっては美学の1つでもあるからです。

しかし、機械可読性を高くしてBERTアップデートをうまく使おうとした場合には、きちんと主語や述語を書く必要があります。
そしてこれは予測でしかありませんが、段落のPタグは多少長くなっても伝えたいキーワードに沿って書かれていれば認識する可能性があります。

BEATにSEOで対策するにはどうするか

BEATにSEOで対策するにはどうするか。
SEO対策するひとの悩みではないかと思いますが、非常に簡単です。

それは、自然な文章で書くということです。
テーマに沿って長文のライティングで具体的に書いていくことで読むひとも解りやすくなります。
読み手にとって理解しやすく言葉が豊富であればBERTアップデートは良い方向に作用していきます。

BERTアップデートに対応するポイント
1.長文のライティングで自然な文章で書いていく。
2.言葉は豊富な方が良い。

特に注意したほうが良さそうなのは、同じ言葉の繰り返しですね。
人間にとって解りにくい文章はGoogleにも伝わりにくい可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA