SEOの検索意図とは【調べ方を大公開】

SEOの検索意図について考える

SEOの検索意図とは、ユーザーの探している情報をGoogleがサーチするということです。
どんな考えで検索しているか予測をして答えを書かなければなりません。

検索意図は英語でSearch intentといいますがつまり、検索をして何をしようとしているかもくろみ(計画)を汲み取ることです。
なのでキーワードについてなんのためにその言葉を選んだのか予測することも大事です。

「検索意図」ならWebサイトを作っていて、ワードのニーズを調べようとしているアフィリエイターさんかもしれません。
SEOで上位表示させるには近年ますます重要になっている考え方です。

検索意図に答えるということは、例えば「傷ついたスマホ」で検索をすれば補修についての検索が出てきます。

ユーザーの質問に対して音声で答えを返すように、質問の答えをコンテンツに入れることが重要です。
つまり、コンテキスト(文脈)をとらえるということです。

同じ言葉の検索意図

例えば、「和英」で検索をすると「和英」という言葉が一つもなくても「翻訳」という言葉があればページを表示します。
もちろん、上位ではありませんが検索されます。

別のページでは、「和英」の文字が無く、「翻訳」も無く、「英和」や「辞典」という文字があるだけでも「和英」で表示されます。

「和英」は、「ひでかず」という名前でも引っかかるので難しい例ですが、基本的には「英和」だけでの検索では翻訳の意図で検索されます。

検索意図と画像について

画像は検索意図として必要でなければ、画像が無くても良い。

「ハロウィン デザイン」のように検索をすると画像が最初に出ます。

そのような時には、ユーザーとGoogleは画像を欲しがっているので、画像をコンテンツに入れることは有効です。

これは「名前」で検索すればすぐに解る。

画像が全く無いページが上位にくるからです。

画像が無くても上位にくるかどうかの検証するために、サーチワードを「名前」にしている部分もあります。

ちなみに「名前」と「名」では検索結果が異なります。「名」の場合には有名という意味があるので「名探偵〇〇君」もひっかかるわけです。

検索意図の調べ方

検索意図を調べるにはgoogleで実際に検索をするのが速いです。

単純に検索すればどんなページが人気なのかわかります。
人気で上位表示されているページというのはユーザーのキーワードニーズに答えているということだからです。

もうひとつ検索意図を調べる技があります。
検索ボックスに下記で調べてみてください。

intitle:調べるキーワード

そうすることで一気にキーワードに関連したキーワードのタイトルを調べることができます。
アクセスがないページをリライトするときにとくに参考になります。

検索意図の調べ方はgoogleで検索すれば上位表示されているサイトをチェックするというのが現実的です。
ユーザーの質問に答えられるのを目的としたgoogleが評価しているページなので参考になる部分が多いからです。

SEO的で検索の上位に上げるには狙ったキーワードはタイトルに検索ワードが入っている必要があります。
ページの上部に検索ワードを入れます。
関連する言葉をできるだけ多く入れます。これは検索エンジンに伝わりやすくする目的があります。
ただし言葉の詰め込みすぎはペナルティーになるので要注意です。

知恵袋のネット情報で調べる

yahoo知恵袋のような悩みが集約される情報サイトも便利です。
検索するキーワードについて何について悩んでいて、本当の答えは何かというのは把握しやすくなります。
複数の質問と答えを見ていくことでユーザーの検索意図がなんとなくわかるようになってきます。

yahoo知恵袋の悩みをそのままWebサイトに入れて回答を書けばページで解決するという価値が生まれます。

キーワードごとに検索意図が違う

当然のことながらキーワードごとに検索意図は異なります。
実際にワードで検索をして何がGoogleで表示されるのか、結果を把握したり検索のテストをすることが大事になります。

その場合のやり方はドメインエイジに影響されないように時間を区切って検索をするのがおすすめです。

検索された時間を限定して結果を表示

上記のようにGoogleで検索をする時に「ツール」から時間を選ぶことで、最終更新日で絞ることができます。
正確にいうと何の日付かは公開されていないため、公開日かもしれません。

検索意図に答えてもアクセスアップできていないページは記事をリライトすることをおすすめします。
もしくは文字数が不足している可能性があります。

検索ワードに対してユーザーの希望する答えを書くためには、ある程度の長文が必要になります。
それはひとによって求める回答が違うためです。
多くの疑問を解決していくためにはそれだけ多くの段落を使って答えていくということが結果として長文になります。