SEOライティング【読まれるブログの作り方】

読まれるブログ

読まれるブログと読まれないブログには違いがあります。

SEOライティングは誰でもできるコツがあります。
せっかく読者のために書いても読まれなければもったいない。
ブログが全くアクセスがないページってありますよね?

検索で上位表示をさせてバンバン読まれるブログにしてくださいね。

SEOライティング

読みやすいブログ
読みやすい記事は人に語りかけているような記事が多いものです。
検索順位で上位にくることと読みやすいことは違うのですが、まずは読みやすい記事をめざしましょう。
読みやすい文章の書き方は書き手の経験もありますが技術的な部分も非常に大きいです。

SEOライティングに強いひとはキーワードが多くなるので、読みやすいかどうか音読が効果的です。
読み上げて推敲するということですね。

なるべく漢字はひらがなを使うようにして読むストレスをなくしましょう。

良質な記事を書く

良質な記事を書くのはブログでは基本中の基本。
だけど一番むずかしいのがユーザーに対して役に立つコンテンツを書くということです。

ユーザーが求めている情報にピッタリ合う内容を書くことが大事です。
そのためにはどんなひとが何のために検索をしているのか予測します。

検索で狙っているキーワードで検索し続けるとおおよそのユーザー像の検討が付きます。
SEOで検索しているひとは上位表示ができなくて困っているひと、または1ページ目から落ちてしまったひとなどです。
ユーザー像はペルソナといいますが、ペルソナは複数あるのが当然です。

ペルソナを狙ったキーワードで絞り込んでいくことで使う言葉が変わってくるため、良質な記事を書くためのヒントになります。

感情に訴える書く

文章を書く時には感情に訴えかける文章を書くように心がけましょう。
精神論のように思われてしまいますが読む人はGoogleのロボットではなく「人」に向けて書いているはずです。
人間には感情があるので読む人には伝わります。
書くひとのテンポや文字の選び方一つにしても使え方が変わってきます。
本当に具体的に物事を捉えて本質を捉えた文章ができるかどうかは、冷静なキーワード選びと書く時の感情が大きく関係します。

もし、業務的に文章を仕上げてしまっては無味乾燥な文章ができあがるでしょう。
せっかく人がライティングするなら、再訪問したくなるような読んでもらえる文章が書ければ最高ですね。

100記事書く

ページ数の何記事あるかというのはどれだけサイトの入り口があるかということです。
記事数が多ければそれだけ専門性の高いサイトともいえます。

高品質なコンテンツが検索順位に関係するとすれば、記事数は検索される幅になります。
サイトに検索ボリュームが必要な場合には100記事はあった方が良いでしょう。

基本的な考え方としては良い記事を書く。
そして、少しづつページ数を増やしていくという手順になります。
ひとっとびにアクセスを増やしたいですが、コツコツとブログで100記事書くという地道な努力が一番の早道です。

読みやすいライティング

読みやすい記事は読んでいて楽しくまた読みたくなります。
入り口は検索エンジンですが、また読んでくれるかどうかは文章力になりますよね。

文章を流れとして「読まれるブログ」は、話しかけているように書いています。
行末のですますの表現も豊富なのが文章を飽きさせないコツです。

読みやすいライティングはWebで読む人にとってどれだけストレスを軽減できるかということ。
読まれないブログほど文章が硬いので「です」「ます」を連発している状態でしょう。
日本語の文章をうまく使って多様な表現をするように心がけることがSEOライティングのポイントです。

言葉も前向きなポジティブな言葉を使うようにしましょう。
あれダメこれダメみたいな話をネットで読みたいとは思えません。
やっぱり読み手が楽しくためになる情報を書いていく必要があります。

1ページを長文でしっかり書く

ページの単位でコンテンツとして成立するように長文で書く必要があります。
読まれているブログは2500~3000文字は書かれています。
逆に読まれていないブログは1500文字ぐらいしかありません。

SEOライティングを意識した場合には1000文字以下では上位表示されないのでアクセスは見込めません。
ごく稀に短い500文字ぐらいの文章でも上位にきている場合もありますが、ドメインが古いかリンクが集中している場合です。
文字数が少なくて集客効果もあるページというのは例外と考えて良いでしょう。

ライティングは長文で書くのはSEOでも効果がでやすいです。
できる限り内容を具体的に細かく描写をすることで長文にすることができます。

だらだらと長く書くのではなくシンプルに書いた方が伝わりやすい。
というのと矛盾するようですが、長文の場合でも段落はシンプルにした方が読みやすくなります。
つまり、段落が多い長文のページを作って、離脱をしないように間には画像を適度に入れていくわけです。

正しいコーディングで書く

webの媒体はhtmlでできているので正しいコーディングが必要です。

段落が無いページは文字数が多くてもだめです。
1行づつPタグで書いていっては段落として意味をなさないのでSEOの効果もありません。
タイトルは32文字を目一杯使いましょう

リストを使う
文章の内容を伝えるためにリストタグは効果的です。
これぞというものを少なくとも一つは使って書くと読みやすくなります。
リストは上部に入れる必要は無く中間ぐらいで入れてやると良いです。

タイトルをブログの伝えたいことを書く

タイトルはブログで一番伝えたいことを書きましょう。
タイトルは短い方が良いというのは、かなり昔の話のSEOとなってしまいました。

タイトルと見出しは内容が一致するようにします。
タイトルと見出しはページのテーマが一致する必要があります。
SEO的な効果として3000文字書いても上位表示されないブログによくあります。

SEOのライティングで大事になるが見出しタグ。
h2タグもタイトルのタグと同じぐらい重要です。
同じく、h3のタグも検索されそうなワードで入れていきます。
h3タグは検索でひっかかるからです。

descriptionのseo

検索ではタイトルの下に表示されるのがdescriptionタグです。
descriptionのSEOはクリックさせるため有効な説明文を入れましょう。
検索後にユーザーにアピールできるのはタイトルとdescriptionなので最大限に活用しましょう。
ポイントは検索する時に一緒に検索されそうな言葉を一緒に入れておけば、検索時に太字になります。

読まれるブログの作り方

ブログの作り方
ブログの基本的な作り方として大事なことはサイトの構造です。
レイアウトや何を表示するかがSEOの効果が上がるコツになります。

ヘッダーにグローバルナビを使う

グローバルナビにはカテゴリをいれます。
上部のリンクのほうが検索エンジンに評価されやすいからです。

グローバルナビにカテゴリを入れたら、サイドバーにはカテゴリは入れない方が良いですね。
細かなサブカテゴリがあるならサイドにあった方が良いでしょう。

ページ内にリンクを入れる

自分のサイト内に関連する内部リンクを入れます。リンクはアンカーテキストになるのでタイトルタグでOKです。
外部サイトへのテキストリンクを入れます。アフィリエイトのテキストリンクです。

サイドバーにプロフィールを入れる

プロフィールをサイドバーに入れると当然全てのページに表示されます。
SEO的にはページの効果が半減するようにも見えますがそのようなことはありません。
ページはコンテンツが評価されるので気にする必要はないでしょう。

  • どんな人が書いているのか解るので安心して読むことができる
  • 自分の写真を入れる必要はない
  • イラストでも似顔絵でもOK
  • ブログを書いている人となりがわかるようにする

「最近の投稿」をサイドバーに入れない

昔はサイドバーに新着情報をサイドバーに入れておかないとなかなかインデックスされないということがありました。
今の巡回ロボットは頻繁に回ってくるので全てのページに入れておかなくても問題ありません。

最新情報を入れなくて良いのであれば入れない方が内部リンクを濃くすることができます。
基本的には発リンクは出し惜しみをするのが原則です。

画像を入れる

1ページには画像が5枚ぐらいあるのが読まれるブログです。
文字だけでは読みにくく飽きて離脱するのを防ぐ効果もあります。
以前に比べるとネット環境も良くなってきて画像が大事になってきています。

オリジナルの画像を使う

画像はオリジナルのものを使えば画像検索からの流入が見込まれます。
アイキャッチだけでもオリジナルにすれば全ての画像が無料画像からつかうよりも良いですね。

イラストレーターやデザイナーの方には優位的な部分です。
カメラが得意な方は写真をオリジナルで撮影をしてブログに入れるのも効果的です。

ただし画像の作成にあまり凝りすぎて時間がかけない方が良いでしょう。
やはり評価されるのは文章のコンテンツの内容そのもので写真が良いから順位が上がるということはありません。

サイトマップを入れる

検索エンジンの巡回するボット用のサイトマップは設置していると思いますが、人が読むためのサイトマップを見出しタグを付けて設定することも大事です。
ボットが巡回するときに辿ることもできるし内部リンク効果もあります。

フッターに人が読むためのサイトマップはsitemap.xmlのようなファイルではページを整理してリンクを入れていきます。

twitterで外とつながる

サイトだけだと外とのつながりができにくいものです。
日本の場合にはtwitter利用者が多いのでtwitterで定期的に発信するのがおすすめです。
つぶやきからつながってブログを読んでくれるようになったらありがたいですね。

Webサイト全体のことでいえばプライバシーポリシーも大事になります。
googleのアナリティクスの違反にならないようにプライバシーポリシーを入れましょう。
当サイトの場合には運営者情報の中に数行ですが記載してあります。