【タイトルのつけ方】WebサイトのSEO効果をアップ

タイトルの付け方

SEOに強いタイトルのつけ方をまとめた。
タイトルの付け方でWebサイトをSEOの効果をアップしよう。
コンテンツがサイト制作では一番大事で、次に大事なのがタイトルだ。

タイトルは本の背表紙と同じように、一文を見て内容がわかると良い。
さらに魅力的な言葉は読むひとを惹き付ける。

タイトルの決め方は、優れたコピーライターがアイディアを多く出し、候補の中から一つ選ぶ。
そのようなこだわりでWebページのタイトルも決めるべき。

考えてズーっと悩み続けるよりも思いつきで多くアイディア出しをします。
タイトルで使えそうな名称の候補をたくさん出してから、選ぶことで良いタイトルを作れるようになる。

タイトルのつけ方

タイトルのつけ方によって順位は大きく変わる。
タイトル名は見出しの内容を表している必要があるし、
見出しは段落のことを伝えることになる。

本文の内容によってページタイトルは変わるので、
全く違うタイトルにはできないが調整することは十分可能だ。

検索結果のページをみて、意外と1位のページはクリックしないときがある。
検索後の1ページの中で面白そうだなと感じたものを無意識でクリックしているはずだ。

クリック率の高いタイトルであれば順位に影響されずに集客できる
目的は順位だけでなくどれだけ見てもらえるかということもあるはず。

つまり、上位に表示されるかということと、クリックしたくなるタイトルが重要になる。

悪いタイトルは言葉を詰め込み過ぎてしまったもの。
SEOでペナルティーにならないように自然に読めるようにしよう。

音読をして文書がおかしいタイトルは問題がある。
自然なキーワードの組み合わせであるべきだ。

SEOに強いタイトル

SEOに強くタイトルtagは影響する。
検索結果に表示されるのはタイトルと説明文のみ表示されて
どのページを見るかはタイトルでユーザーが選ぶからだ。

検索されるターゲットのキーワードはなるべくタイトルの左側に入れる。
意外と忘れがちなので注意が必要。
売り込み文句やサイト名が左にくるのはもったいない。

共起語や関連する言葉を入れる

たとえば、「本」で検索をすると「本・書籍・書店」という関連する言葉のタイトルが並んでいるのがわかる。
具体的な言葉が入っていた方が良い。

タイトルに「ランキング」という言葉は鉄板
記事が並んだときに目立つし商品でなくてもクリックしたくなる言葉。

対義語がありそれぞれ伝えるメリットがあるとき。
「良い心と悪い心」「メリット・デメリット」のようなタイトルです。

ありがちですが数字を入れると説得力が出ます。
「美味しいミネラルウォーター7選」みたいなものですね。

狙った複数種類のキーワード入れるのも効果的です。
2語~4語で組み合わせるのが一般的ですね。
タイトルに関連するページは下記もご参考ください。
サイトのタイトルは4語のキーワードを入れる

クリックしたくなるタイトル

どんなひとが記事を読むのか考えて書きましょう。
なにも思い浮かばなければ「〇〇~7つの法則」と書いておきましょう。

間違ったタイトルの付け方

同じキーワードを何度も繰り返してはいけない。
キーワードの出現回数は2回が限度。3回入っていると検索結果で表示さにくくなります。

ハイフンやパイプをタイトルには入れない。
大規模サイトで下層のページを表現する時に入れるというガイドがGoogleで記載されています。
メインのコンテンツなら扱いにならないように注意が必要。

Webページのタイトルにはクエスチョンマーク(?)を入れる時もありますが、
入れる時には半角はよろしくありません。

H2の見出しタグの使い方は非常に大事です。タイトルを考える時には見出しをどう入れるかも同時に考える必要があります。
見出しのタグはh1からh2タグまでの見出しの内容がタイトルとテーマを一致するようにします。
見出しの中の本文も合わせていくことでタイトルとテーマが一貫して作られたページになります。

サイトのタイトルは派手で思わずクリックしてしまうような書き方もネットでは出回っています。
「激安」「無料」のようなキーワードを入れる方法です。
ですが内容がともなわずにガッカリするだけなので本来のタイトルの付け方ではありません。

タイトルのつけ方は文章の内容をひと目でわかるようにするためのものです。
文章を全て書いて見出しやタイトルが整合性が内容であれば後からタイトルを書き直しても良いでしょう。

SEOに強いWebサイトを作るならSEOに強いサイト名の決め方もぜひお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA