プライバシーポリシーとは何か?ブログやアフィリエイトでSEO効果あり!?

プライバシーポリシーとは何か

最近よく聞くプライバシーポリシーですが何のことか解りますか?
ブログやアフィリエイトのサイトのフッターリンクで見かけますね。
IPアドレスとかクッキーについて書かれています。

個人情報は記載がないといけません。
特にお金に関わるサイトであればプライバシーポリシーの無いサイトは利用するのが怖いものです。

プライバシーポリシーとは

プライバシーポリシーというのは個人情報を保護するために書かれた説明文です。
このサイトはこうですよというポリシーを記載するのがプライバシーポリシーです。

ポリシーっていうのは英語でpolicyだから方針のこと。
つまり日本語では「個人情報保護方針」。
ISO関係でいうとISMSとかになるので個人情報は重要な情報です。

インターネットでは個人の情報が出回ると回収するのが不可能になります。
ですので実名でブログをやったり生年月日を露出するのは危険です。

もちろん実名のブロガーを否定する気は全くありませんが、私自身は誠実にブログを書いていればそこまでリスクをとる必要はないのではないかと考えています。

ブログやサイト運営を行うひとはほとんどのひとがプライバシーポリシーは関係してきます。
Googleアナリティクスを使っているひとは明記するように規約に書いてあるからです。
個人情報までは扱わなくてもipアドレスはanalyticsで使っているので方針は必要になります。

GDPRのプライバシーポリシーとは

GDPRということばもよく目にするようになりました。
General Data Protection Regulationsの略でEUの「一般データ保護規則」のことです。
氏名やEmailなどの個人情報を取扱をするときの欧州EUの規則。
ヨーロッパでも日本のサイトが見られるのであれば情報の利用目的を記載しなければいけません。
約26億円の罰金があるということで個人ブログであれば払うのが難しい金額ですね。

プライバシーポリシーの書き方

プライバシーポリシーの基本的な書き方です。
本サイト〇〇は訪問者にとって情報を保護することを宣言します。のように書き出します。
最低限、Cookieを使っていることを書いておく必要があります。

ネットで検索をするとコピペで使えるプライバシーポリシーの文章がヒットします。
ただし、それをそのまま自分のサイトで使うことは危険です。
SEO的にはコピーページになってしまう可能性があるからです。
ある程度編集をして文章を自分のものにしてから掲載するようにしましょう。

プライバシーポリシーを無料のテンプレートをコピペしたものを元に修正をして使うのがてっとり速いでしょう。
使う時にはコピペしたものをよく読んでください。
手数料いくらのような文言が入っていたり使う自分自身がよくわからないものは掲載しない方が良いですね。

なので、プライバシーポリシーのページを作成するならきちんと書く。
書かないのなら書かない方がましです。

プライバシーポリシーのSEOの効果

プライバシーポリシーってブログでSEOの効果はあるんでしょうか?

真実としては、プライバシーポリシーというのは誰も読んでいないページですから、
アフィリエイターなら1分でも惜しんで文字数を稼ぎたいところですよね。

そんな無駄なアンカーテキストを配置したくないというのが本音でしょう。

たとえば「クレジットカード」のような関係しそうなキーワードで調べるとすぐにわかります。
上位表示されているサイトでもプライバシーポリシーのリンクが無いものがちらほらあります。
企業のサイトはリスク管理も必要なのでありますが、個人で運営されているものはありません。

SEOの効果について結論ですが、プライバシーポリシーのページは評価が上がるということは無いといえます。
しかし、あれば見る人は安心してサイトを見ることができます。
SEOライティングを行ってコンテンツを強化していった方が現実的です。

ポリシーのページはあっても損ではないが、書くならコピーページにならないように気をつける必要があります。
プライバシーポリシーのページはランディングページではないので、作るなら時間をかける必要性はないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA