wordpressで文字の装飾はAddQuicktagが便利

wordpressで文字の装飾はAddQuicktagが便利です。

装飾はSEOとは関係ないのですが、装飾をすることで読みやすくなります。

htmlのタグを知らなくてもAddQuicktagで補完できるので効率が上がります。

AddQuicktagの導入

AddQuicktagの導入はまずは、プラグインでインストールします。

プラグイン→「新規追加」の検索ボックスで「AddQuicktag」をコピペをして見つけます。
「今すぐインストール」を押して「有効化」すればOKです。

設定はプラグインのところから設定します。
addquicktagの設定

もしくは、管理画面の左側にある「設定」から「AddQuicktag」を選ぶこともできます。

AddQuicktagの装飾のタグ
1.ラベル名
2.開始タグと終了タグ
3.左側2つにチェックを押して更新します

※304エラーが発生している場合にはWAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)で引っかかっています。

サーバー側で一時的に解除することもできますが、セキュリティー的には良くありません。

「SiteGurad WP Plugin」というプラグインを入れて除外することができます。

WAFで除外の設定をして装飾

WAFチューニングサポートから「新しいルールを追加」
「ON」に変更します。

「この機能を使用するには、WAF (SiteGuard Lite)が、サーバーにインストールされている必要があります。」という表示が出ていますがあまり気にすることはありません。

WAFチューニングサポートの設定

シグネチャ traversal-9
ファイル名 options.php

のようにすれば304エラーで更新できなかった「AddQuicktag」で装飾の設定ができるようになります。

追加された装飾のボタン

追加された装飾のボタンが投稿一覧の編集ページより表示されるようになりました。

1クリックで使えるのでかなり効率が上がりますよ!