wordpressのコメント欄の使い方

Wordpressでコメント欄の使い方

wordpressのコメント欄の使い方をまとめました。
コメント欄を消すやり方ってどうすればいいの?
とお困りの方には消す方法も記載しました。

記事を書いたら感想とか質問を受けるにはコメントの機能を使います。
記事を読んだひとがコメントを入れることができるのはWordpressの面白い特徴の一つですね。
コメント欄はブログをやっているなら表示をして使う方がSEO的にも良いでしょう。

コメントに対して返信をすることでページの内容も充実してきます。
特に人気ブロガーの記事ではコメントが入っていて記事にプラスアルファで楽しい要素です。

wordpressのコメントにスパムが入る

Wordopressはもともとセキュリティに弱いCMSです。
CMSっていうのはContent Management Systemの略ですね。

スパムがコメントに入るのが鬱陶しいところ。
不要なコメントを消すのも面倒ですよね。
コメント欄のスパムはwordpressの悩みの種といっても過言ではありません。

コメントスパムは海外から意味のないメッセージが大量に届きます。
勝手に送られるのですがほとんどが英語で宣伝目的です。
被リンクを獲得するために送っている場合もあります。

迷惑な話なのですがコメントをプログラミングで自動的に投稿してくるわけです。
英語でわけのわからないコメントをもらっても困るだけ。

スパムの対策はページの下の方になってしまいましたが
Akismetのプラグインで簡単に解決できます。

WordPressのコメント欄はあった方が良い

コメントは非表示にすることもできますがせっかくの機能なのであった方が良いでしょう。
Wordpressの記事を介してコメントをいただけるというのはブロガーにとって何よりうれしいことです。

気になった記事があればコメントを書いてみるというのもおすすめします。
私は仕事上でプログラミングで困ったときにブログを見て解決した経験がありお礼を書いたことがあります。
人を助けられる記事を提供できるようになれれば最高ですね。

コメント欄はいらない?

WordPressのコメント欄はいらないんじゃないか?
どうせ誰も投稿しないしUXもない方がスッキリする。
という意見もありますがあった方が良いですね。

コメント欄があった方が良い理由について客観性が補われるという側面があります。
ブロガーが主観的に記事をアップしていくものなので、コメントがあれば客観的な意見を得られる場合があるからです。
読み手のコメントにブロガーが返信で説明をすれば記事に情報が増えます。
コメントのやりとりをさらに第三者へ情報として伝えることができます。

SNSにはかないませんが、人と人のコミュニケーションが出てくると
ブログがいきいきとしてくるのが大きなメリットですね。

WordPressでコメントが書かれたことがない場合は、投稿をするときに入力するメールの入力項目を消すのもおすすめです。
簡単にコメントを書けるようにするとWebページを見ているひとが気軽に書くことができます。
入力項目を消す方法はファンクションページをいじってメールなしでもコメントを登録できるようになります。

コメント欄そのものを消した方が良い場合にはブログを開設したばかりの時です。
つまり、コメント欄を活用していくよりもSEOを優先した方が良いと判断した時には計画的に消すのもありです。

コメント欄の表示、消す設定の方法

wordpressでコメントの入力欄を表示したり消したりする設定のやり方です。
管理画面から表示の設定はかんたんに行うことができます。
コメントの表示、非表示の設定
設定からディスカッションを選ぶと設定画面が出てくる。

コメント欄のプラグインAkismetで解決

便利なWordpressのコメントを設定できるプラグインとしてはAkismetが有名です。
コメント欄のスパムを解決するにはAkismetが一番かんたんです。

面倒な部分としてはWordPress.comに登録をしてAPIキーを取得するところですね。
それさえやれば難しい設定などはありません。
idやパスワードを設定する必要があります。
設定する時には無料を選べばOKです。

DISQUSも人気が出ているプラグインです。
SNSに強くfacebookやtwitterを使うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA