SEOに強いwordpressのテーマとは【おすすめを紹介】

有料テーマと無料テーマの違い

SEOに強いwordpressのテーマとは?
有料テーマのおすすめを紹介したいと思います。
無料テーマでがんばってブログを書いていても成果が出ないという時がありますよね?
そんな時は有料のテーマも検討してみましょう。

wordpressで有料のテーマは無料のテーマに比べるとSEOで強いサイト作りができるのでおすすめです。

SEOに強いwordpressのテーマ

WrodpressではSEOに強いテーマを選びましょう。
時間短縮のためにSEOに強いWrodpressのテーマを最初から使うのが、アフィリエイターやブロガーにとっては収益化のポイントです。
高くても費用は1万5千円ぐらいなので良さそうなのがあれば積極的に使いたいものです。
購入後に自分のWrodpressのバージョンには合わないというのを避けるため、サイト開設時に最新のwordpressを入れて導入するテーマとバージョンが対応しているか確認をしましょう。

STORK(ストーク)

storkはこうのとりという意味だけどアクセスを運ぶということでしょうか。
多くのプロのブロガーが使っている信頼性の高いテーマです。
SEOに強くモバイル対応しています。

ストークはアルバトロスやスワローといったwordpressのテーマを作ってきたOPENCAGEという会社です。
改善を重ねてきたテーマの最新がSTORKです。
テーマの完成度が高いためブロガーの支持が多いというわけです。

シンプルなデザインがSTORKが人気がある理由の一つですね。
昔からあるテーマですが変更されていないブログが多いということは、一度使うとずっと使い続けるひとが多いということです。
1カラムの表示や吹き出しのやりとり、テーブルの表示が見やすいなどの特徴があります。
上位表示されているSTORKの割合は非常に多いですね。
stork

ブロガーにおすすめSANGO

アフィリエイターで使っているひとが多いのがSANGOのテーマです。
サイトで使う心地よさを追求しています。
SANGOの場合には使っているテーマがすぐにわかるぐらい個性的ですね。
それだけすぐに使えるクオリティーもあります。

有名ブログ「サルワカ」のノウハウが詰まっている有料テーマです。
PHPファイルの設計図も公開されているので購入後も自分の好みに調整できそうです。
やさしい雰囲気が伝わってくる良いテーマですね。

ザ・トール

2019年のSEOに強いWrodpressの国産テーマならこれで決まりでしょう。
多機能で最新技術満載です。
「見える化システム」で内部リンク数や文字数などが確認できるのが便利ですね。
機能は豊富で素晴らしいのですが上位表示されているサイトが少なくまだあまり実績としては見かけないですね。
出たばかりのテーマなのでこれから増えていくでしょう。
ザ・トール

賢威-有料テーマのおすすめ

有料テーマで有名なのは賢威ですね。
賢威は松尾茂起という書籍でも有名な方が作っています。

SEOのフォーラムがあります
PDFのSEOコンテンツとして参考資料があります
有料テーマと合わせてノウハウも購入できるのが賢威の特徴です。

ウェブライダーでもおなじみの松尾さんは文章を読んだことがあれば使いたくなります。
ぐいぐい引き込まれるような文章を書かれています。
そんなプロが作ったライター用の賢威というのは使う価値があると思います。

SEOで上位表示が難しいキーワードでも1ページに入ったりしていますね。
アフィリエイターにも使われている信頼できるテーマです。

JINはSEO対策で強いテーマ【おすすめ!】

JINは吹き出しでお馴染みのひつじさんのテーマでSEOに強いテーマです。
2019年にはいってから別のサイトで私も使い始めましたが、機能的にはシンプルですね。

モバイルで表示したさいに余白が自然で見やすいのが特徴です。
複数の運営サイトでテーマを使って良いことになっています。

2018年に出たばかりですがJINはひつじさんのファンを中心に多く使われています。
大事なテキストが読みやすく使いやすいというレビューが多いテーマです。

アフィリエイターよりもブロガーに愛されているWordpressのテーマですね。

Emanon Pro【有料と無料のテーマがある】

Emanon Proも最近よく見かける有料テーマですね。
サイトスピードが早くSEOの効果を見込まれるテーマです。
無料版もあります。

世界一といわれるGenesis Framework

世界一のSEOテーマと言われているのがGenesis Frameworkです。
海外のwordpressのテーマなので公式な説明は英語です。

Genesisの場合には子テーマとセットで使うことが推奨されています。
デザインも多いですね。
複数のサイトにインストールしてもOKです。

Googleに在籍していたマット・カッツが使っていたことでも有名です。
セキュリティーが高いのがGenesis Frameworkの大きな特徴といえます。
Wordpressは攻撃されやすいCMSなので安心して使えるのは大きなメリットです。

Genesisにはデメリットもあります。
エンジニア向けで設定が複雑にもかかわらず、解説しているサイトが英語が多いので日本語で情報を探すのが難しいことです。

wordpressで有料のテーマと無料のテーマの違い

wordpressで有料のテーマと無料のテーマの違いをまとめてみました。

有料テーマの良いところはテーマに迷わなくることが良いところです。
有料テーマをおすすめする最大の理由はデザインに時間を使わずに済むところですね。

有料の場合には必要な機能・内部リンク・スピード・レスポンシブデザインなどが対応している場合が多いですね。
信頼できるテーマに出会ったら集中してコンテンツ作りに時間を使えます

無料のテーマをwordpressで使っているとアレもコレも試してみたくなります。
がらっとサイトのデザインを変えられるのはwordpressの面白いところですが、
アッという間に時間がたっていて何しているんだっけということもありますよね。

有料テーマの場合はデザインが優れている場合が多いです。
例えばリストや囲みのCSSは選べるようになっている場合があります。
デザインは自分の感性と近いテーマを選ぶことをおすすめします。
ただし有料だとデザインがすごいと言い切れるわけでもなく、テーマによって力を入れている部分が違うので事前に製作者の記事やテーマの情報で下調べはかかせません。

有料テーマだからこうだ!
というよりも、有料テーマは個性があります。
JINやSANGOのように多くのブロガーが使うテーマは1万円~2万円ぐらいであれば使う価値があるでしょう。
テーマはずっと毎日使い続けるスタイルのようなものですから。

大事なのはコンテンツです。
でもせっかく書いたコンテンツは最大限の効果を発揮したいので
自分のブログに合いそうな良いWordpressのテーマを選びましょう。

まとめ

ビジネスに特化しているようなアプローチですが個人でも使えます。
1万円~1万5千円程度なので価格もそれほど高くはありません。
jinは私も使っていますが無料のテーマとは違った気持ちよさがあります。
記事を書いて商品に仕上がったという感覚。
何を書いても許されるような自由に書いて良い気がします。
jinのように書きたくなるテーマは有料でおすすめしたいテーマですね。

無料で使うならcocoonが高機能でおすすめです。