wordpressでサイトマップの作り方

サイトマップの作り方-wordpress

wordpressでサイトマップの作り方を紹介します。

大量にページがあったり、新規のウェブサイトはクロールさせるために重要です。
wordpress自体には自動的にサイトマップを作る機能というのはありません。

自分でサイトマップを用意するかプラグインを用意する必要があります。
実はページが少なければサイトマップが無くてもクローラーのボットは巡回してくれます。
ですがサイトが充実してきてページのボリュームが増えてくるとサイトマップが必要になります。

サイトマップが必要な理由はページを巡回させるだけでなく、優先順位などを設定することも可能です。
さらにwordpressの場合には更新と同時にping送信できます。

サイトマップはサーチコンソールから登録します。最初は本当にGoogleが認識できているのかと不安になりますが確認する方法は簡単です。
サーチコンソールのサイトマップのページを見てみましょう。
サイトマップの更新日がページを更新した日と一致するはずです。

自分でサイトマップを作るならネットの無料サービスを使いましょう。
サイトマップは下記のサイトで簡単に作ることができます。
https://www.xml-sitemaps.com/

sitemap.xmlのファイルをFTPでサーバーにアップロードしましょう。

あとはgoogleのボットが巡回するまでほおっておいても問題ありませんが、サーチコンソールに登録しておくこともできます。

Google XML Sitemapsの使い方

プラグインの場合には「Google XML Sitemaps」で作成ができます。
Google XML Sitemapsの使い方は、プラグインから検索をしてインストールをします。
インストールをしたあとは「有効化」しましょう。

XML Sitemap Generatorの設定の方法

設定は赤丸が付いていればOKです。
検索エンジンに伝えることができます。

Google XML SitemapsとYoast SEOはサイトマップの機能がバッティングします。
YoastSEOはsitemapはOFFにしましょう。
YoastSEOはsitemapはOFF

googleのクローラーにサイトを巡回するのはサイトマップだけではなく内部リンクも大事になります。
内部リンクはSEO対策の施策として重要になってきています。
関連コンテンツとしてよろしければお読みくださいませ。