語彙を増やす方法【関連語や共起語の強化でSEO効果!】

語彙

語彙を増やす方法についてまとめてみました。
もちろん語彙が多い方がSEOの効果があります。
どうやったら検索で上位表示されるのか考えたりしますよね?

語彙とは単語の総体と言われますが、語彙力というとどれだけ言葉の数を知っているかということになります。
いろいろな言葉で言い換えながらライティングをする方がSEOの効果があります。

語彙が多いとSEOに強い

語彙が多いとSEOに強いといえるでしょう。
長文はSEOの効果が高いとされていますが、やはり多くの言葉が関係し合うからですね。

言葉の数が多いということは、狙っているキーワードの周辺の言葉が増えるのでテーマを伝えやすくなります。

専門性が高い方がGoogleには好まれますが語彙が多いのは知識が豊富であるということになります。
同じ言葉で繰り返し書いている文章は単調になりやすいため、読むひとにとっても色々なワードを使う方が良いでしょう。

テーマを検索エンジンに伝えてSEO対策をする基本はキーワード選定と言われますが、
そのキーワードを総合的に高めていくのは関連する言葉です。

ただし、語彙やキーワードばかりに意識がいって文章が固くなりすぎるのもよくありません。
必ずどこかにオリジナリティーのある文章が入っていたほうが良いです。
言葉の選定の仕方は人それぞれで個性があるもので、読むひとはそこに面白さを感じます。

語彙を増やす

SEOで効果的に語彙を増やすには関連語や共起語を意図的に使うということです。
狙ったキーワードを中心に関連語などを使って周辺の言葉を強化していくのが効果的です。

Webサイトでは言葉の数を増やせば検索のターゲットになるチャンスが増えるということです。
検索する時にはキーワードを使い、そのワードについてユーザーが求める答えを表示するわけです。

語彙を増やすには辞書を見たり、関連する書籍を読むのがてっとり速いですね。
感じたままに多くの言葉を使って書いていきます。
もちろんネットで情報収集しても良いですが影響を受けないように意識することは大事です。

それとキーワードをあまりにも多く表示しようとするあまりスパムにならないように注意しなければなりません。

具体的に書く

簡単に語彙を増やして記事を書く方法は、具体的に書くということです。
5W1Hという考え方で書いていけば必然的に関連する言葉は増えていきます。

  1. いつ(When)
  2. どこで(Where)
  3. 誰が(これは無くてもよいです)(Who)
  4. 何を(What)
  5. なぜ(Why)
  6. どのように(How)

関連語で語彙を増やす

関連語は検索した時にサジェストされる、その言葉に関係するキーワードです。
「天気」と検索ボックスにいれると「予報」と出ます。
それが関連語です。
アフィリエイトでは虫メガネと言ったりしますね。

言葉には必ずそれに関係する言葉があります。
物事や目的を説明するために具体的に書くことで関連語が自然に出てくるのが良いですね。

共起語で語彙を増やす

共起語はその言葉と一緒に使われる言葉です。
「パソコン」なら「デスクトップ パソコン」とかですね。
ですので関連語よりも共起語の方が多くあります。

共起語の無料ツールもいくつかネットにはあります。
ツールを使いながら使えそうな言葉を探すのもありですね。

連想語というものもあります。
マインドマップのように連想される言葉の連なりとも言えるでしょう。

共起語や連想語は関連している言葉といえますが、ほとんど同じようなワードは類語といいます。
類語を調べるにはweblio類語辞典がおすすめです。
語彙で調べるとボキャブラリーとでます。
まさに言い換えができる単語といっていいでしょう。

語彙を増やしてライティングをすればSEO効果がありますが、
1ページの中であまりにも言葉が入れ替わり過ぎるのは読みにくくなります。
自然にテーマについて書いていって色々な言葉を自由に使えるのが理想ですね。