フリック入力で記事を書く

フリック入力

スマートフォンでフリック入力で記事を書くことができれば時間を有効に活用できるようになります。

なぜローマ字入力よりもフリックの方が速いかというとタッピングの回数が違うからですね。
ローマ字だと「つ」なら「t」の次に「u」を押します。計2回です。
フリック入力だと「つ」は上にフリックするので1回です。
つまり

アフィリエイトでは記事数と文字数がSEOにも影響します。

フリック入力なら指を滑らせるようにして高速で文字入力ができます。
なので、いつでもどこでも記事を書けるようにするのが良いですね。

年齢によってもフリック入力ができる世代とやらない世代がいますが、大人はまだまだ浸透していません。

フリック入力を覚えるのは簡単です。
3日ぐらいあればなんとなく使えるようになります。
基本的には母音がキーの方向なのでそれを意識して打つのが覚えるポイントです。

早く文字入力をするにはフリック入力と上に表示される候補の変換を使っていくことです。

フリック入力で最初は解りにくいところもいくつかあります。
ローマ字入力をしていた方が最初に入力方法がわからないのが出てくるでしょう。
ちいさい「っ」を入れる時には「つ」を入力をして「小」を押すだけです。

伸ばす音「ー」の入れ方は「わ」を右にスライドさせればフリック入力できます。