SEOの網羅性があるコンテンツを書く

SEOの網羅性

SEOの網羅性とは

SEOの施策では網羅性は上位表示させるために非常に重要な要素となります。

コンテンツを書いていて網羅性を意識することはほとんどありません。
テーマを意識しながら書いていけば語彙は増えていきますが、網羅的に書かなければ網羅性のあるワードが出てこないからです。
ですのでページのテーマについて幅広く情報を扱っているかということを考えて行く必要があります。

なぜ網羅的に書けば上位表示されるかというと、多面的な情報量の多さにあります。
上位表示されているページをGoogoleで検索をしてみてください。
上位に入っているページの見出しは幅広いページにそった網羅的な言葉でコンテンツを書いているはずです。
上位表示を狙うために一つのテーマにそって網羅的に書くとSEOの効果があります。

つまり網羅性とは幅広い範囲で残らず取り入れるということになります。

網羅的に文章を書いて、さらにで独自のトピックスを入れるとSEOでは効果がある。
オリジナリティーも評価されるからです。
多様性とは違いますが多くの視点で切り口を増やすことで記事の情報が増えます。

同じ言葉の繰り返しで書いたときには情報量に乏しいコンテンツになる。
品質が低く文章量が少ないと最近のサーチコンソールでは除外されてしまう。

網羅性とはひとつのテーマを多面的にとらえて、色々な側面から物事を切り出して豊富な語彙で書いていけばSEOの効果が出てくる。
言葉の豊富さだけではなく視点の多さということが大事になります。

Googleにおける情報の網羅性とは

Googleは検索意図を理解することが大事だといっている。
いわゆるRankBrain(ランクブレイン)のことでユーザーが検索している回答を求められています。

検索キーワードに回答するには専門性と網羅性があれば対応することができる。

SEOのオリジナリティとは

SEOではオリジナリティ、つまり独自性が大事。
独自のトッピックスというのは自分の体験談を書けば良い。
全く同じ体験をしてコンテンツを書いているひとと重複することはまずありません。

SEOで網羅性を高めようとした場合にはどのページもキーワードに合わせて似たようなページができるからです。

しかし、同じようなページは後からアップしたWebサイトには価値があまりないので上位表示することは難しい。

そこで検索をしたときのランディングページは独自のオリジナリティーがSEOで評価されるということになる。
自分の意見や考えを書くことでオリジナリティーを加えていこう。

オリジナリティーの高いコンテンツを作り網羅性が高いサイトであればSEOでは強いページになる。
自分の意見をズバッと伝えることも効果的です。
なおかつ丁寧に単語を選んで根拠を書くことでオリジナルの文章ができます。

SEOの専門性とは

SEOの専門性とは深掘りをしていくということです。
Webページのテーマをいろいろな知識や切り口を使って落としてこんでいきます。

専門性を高める内容にするためには物事の理由を書くと良いでしょう。

網羅性のあるコンテンツ

網羅性のあるコンテンツは長文になる。
全ての情報を入れようとすると、どうしても長くなってしまう。

読む方は大変なのだが文章が少ない詩のようなページよりも、情報過多といえるような網羅したコンテンツのほうが検索には好まれる。

網羅性のあるライティング

網羅性のあるライティングというのは書こうとするとなかなか大変だ。

書きたい、伝えたい内容とライティングの内容が乖離してくる。
なぜなら網羅性があるというのは結果であるべきで、網羅してあることを主体とすると書くことは難しくなってくる。

書き方としては見出しを先に網羅して、段落単位で自分の書きたいことを書くということだ。
見出しの中ではSEOをあまり気にせずに、自分の書きたいことが書ける。

見出しに網羅的な内容を書いてから書き始めるメリットはもう一つある。
それはブレないということだ。
文字をかいているうちに違う方向に進んでしまうことがある。
見出しで大枠ができるので、その中で書いていればページのテーマがブレないという道筋になる。

コンテンツの品質を高める

コンテンツの品質とはユーザーの検索意図に答えているかということです。
価値があるかどうかを品質とした場合、検索の答えに回答しているかどうかが大事になります。

コンテンツには文章を豊富な単語でライティングをして、共起語が自然に含まれて書かれていることが望まれます。
逆に言えば、低品質なページと比べると何が品質が高いのかわかります。

品質が低いページとは、検索の内容と関係性が無く、文字の情報量も少なく意味のない情報です。
ですので、品質を高めるには検索ワードと関連性をもった言葉が多く網羅されており、文字の情報量が多くユーザーの役にたつページであれば高品質なページだといえます。

長文のライティングになるとコンテンツの質が落ちやすくなることがあります。
それは文字数を稼ごうとするあまりどうでも良いことを書くためです。
それを防ぐためにも網羅的にキーワードを把握することが大事になります。

複数のキーワードを考えながら文章を書くことにより、密度の濃い長文のライティングが可能になります。
ライティングは長文で書くことでSEOの効果も出てきます。

網羅性のサイト

網羅性のあるサイトはWikipediaが代表的だ。
内部リンクも張り巡らせてありサイト構成に参考になる。

なんとか協会のようなサイトも網羅的に情報が載っているので上位表示されやすい。

言葉で検索の上位にくるのは辞書のサイトも網羅性がある。
関連する言葉や例文などがあるためだ。

網羅性を高めるには

どこまで網羅するのか意識することで高めることができる。
つまり、その範囲内を決める。
ページの枠組みが無いと網羅するにもキリがないからだ。

抜けや漏れがなく範囲内の物事について触れていけば、おのずと網羅性が高まっていく。
つまり、そのページについてのテーマを理解して具体的に書けば網羅性が高くなる

一つのテーマで多くのトピックス

一つのテーマでページを作り、多くのトピックスの段落があるのが望ましい。
網羅性とはテーマを完全に把握をして多くのトピックスを網羅的に書いていくということです。
物事がボンヤリした中で〇〇について徹底分析、というのは無理ですがきちんと調べればおのずとキーワードが出てきます。

SEOではページでアンサーを求められます。
そのためにも多くのトピックスを用意しておくことで回答できるわけです。
具体的なことをユーザーに向けて正確に具体的な情報を書くことが網羅性が高いページを書く方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA