記事をリライトするやり方【SEO効果抜群のチェック項目】

リライトでSEOの効果を上げる

SEOの効果のあるリライトのやり方をまとめました。
リライトをするなら必ずチェックすべきチェック項目のみまとめています。

まずは前提として作成したばかりの記事というのは順位は上がらないものです。
特にサイトを開設したばかりだとGoogleの評価も上がらないので3ヶ月間は必要です。

3ヶ月以上経過しても全くアクセスの無いページはリライトをした方が良いです。
リライトで今までは気づかなかった悪い部分を改善してサイト全体を強化していきましょう。

リライトのやり方

リライトをするページは全くアクセスが無いけど順位は付いているページです。
Search Consoleで順位でソートをしてページ単位でチェックをすればすぐにわかります。
そして検索回数があるページをリライトすべきでしょう。

順位が付かないページはそもそもアクセスはありません。
検索回数が無いページは検索ニーズが無い可能性があります。

タイトルを変更する

タイトルを変更するのはSEOで絶大な効果を発揮しやすいです。
全くアクセスが無いならタイトルを変更します。

タイトルを変更するだけであれば時間もあまりかからずに改善することができます。
過去の記事の資産を有効活用するだけなので作業効率が良いためコストパフォーマンスが高いわけです。

キーワードの順番は問題がないか、記事とタイトルは合っているか。
そもそもタイトルが短すぎたりする場合もあります。

冒頭でキャッチしているか

ページの出だしは読む人にメッセージを伝えているかチェックしましょう。
いわゆるキャッチする部分なので冒頭は大事です。
過去に書いたページで惹きつける部分が無ければ加筆します。

キーワードの網羅性

リライトする時にはテーマを複数の切り口で書いているか、情報が偏っていないか網羅性を意識します。
つまりGoogleで検索をして自分の記事に触れていない内容、不足がないかチェックをするわけです。

ページの内容は漏れなくページのテーマを表現しているかどうかということです。
ライバルサイトのタイトルや見出しのキーワードをチェックしましょう。
リライトする時には書いているひとが時間の経過で知識が増えている場合があるので、
古い記事の網羅性をチェックするのは効果があります。

オリジナリティーが記事に入っているか

オリジナリティーも大事になります。
誰かの記事をツギハギにしていませんか?
自分の意見や経験を記事の中に惜しみなくいれましょう。
体験談をかけば独自性のある記事を書きやすくなります。

検索意図・回答性を意識して書く

いわゆるインテントといわれる検索意図の答えを書くことで上位表示されやすくなります。
回答性を意識して書きましょう。

ユーザーの悩みに答えることで回答性に答えることができます。
検索意図ってなに?
という疑問があれば、ユーザーの目的を達成することですよという答えを書くということですね。

検索意図に答えるのはGoogleで検索をした結果を見れば適正な回答が解ります。
「北海道 観光」で検索すれば観光地の名称が出てきます。
ユーザーは観光地を知りたくて地名で検索したことがわかります。
そのように、検索意図を考えて予測しながら記事を書いていきます。

SEOの検索意図はユーザーの問いに答えるということです。
検索ワードでアクセスしてきたユーザーに対してきちんと答えを書くことが大事です。

文章は読みやすいかチェック

声に出して読んでいって読みにくい記載やおかしい文章を修正していきます。
なおしながらムダな言葉を削っていきましょう。
必要なキーワードの距離が縮まることでSEO的な効果が期待されます。
音読をして文脈は自然かどうかもチェック。

文字数は2000文字以上は必要

文字数は2000文字以上は必要です。
リライトで強化したいページは圧倒的な文字数にする必要があります。

文章量を多く書くのは時間もかかるので大変なのですが2000文字~3000文字は必要です。
500文字ぐらいが一番効率が悪いです。集客もできないし時間だけが経過してしまう文字数ですね。

内部リンクや外部リンクは機能しているか

内部リンクはありますか?
リンク切れはないですか?
内部リンクやページスピードなどSEO対策は色々ありますが、一番は検索される文章がページの中にあるかどうかが一番大事なことです。
ですのでおのずと文字数が多い方が有利になります。

内部リンクを整理するときについでに文章を見直して、不足する内容を追記していくことがおすすめです。

記事をリライトするまとめ

記事をリライトして新鮮な情報に書き直すことはとても効率の良い方法です。
過去の記事を今の自分のスキルでリライトすればPVは上がります。

googleアナリティクスで分析をすればだめな記事はすぐにわかります。
今の記事はタイトルが悪いということなのでまずはタイトルを見直して記事の構成をなおしましょう。

内部リンクやアフィリエイトの商品切れなども治しましょう。
どんなに上位表示されてクリックがあったとしても、アフィリエイトの提供が終わってリンク切れになっていたら収益化できません。