SEOは長文と記事数どちらが多い方が良いのか

文書の量

SEOは長文と記事数どちらが多い方が良いのかという問題があります。
どちらも一長一短ありますが簡単にできる方法はないので、各時間は必要です。

記事数を増やすSEO

記事数を増やすSEOでは、
700文字ぐらいの記事数をたくさん増やして、30位ぐらいのものを2000~3000文字ぐらいまで強化していく。
というのが、今の所ベストな記事の増やし方です。

200文字ぐらいでもインデックスされるのでWebサイトのページとしては認識されるわけです。
品質が悪いとペナルティーの危険はあるので注意が必要です。

文字数が700文字ぐらいで少なかったとしても100ページぐらいないと内部リンクができません。
アンカーテキストを利用をしてサイトとしてのコンテンツ効果を上げるためには50~100ページ程度は必要になります。

ただし闇雲に記事を増やしても意味のないものでは時間の無駄です。

あくまでサイトに合ったコンテンツを増やしていくことが大事になります。

短文で記事を増やす

世の中には「短文SEO」と呼ばれているものもあります。

アフィリエイターにとっては短文でも1500文字ぐらいのことをいうみたいですね。

正直なところキーワードによっては700文字ぐらいでもいけます。

短文の場合には重要なのが語彙で色々な言葉を使うことです。

長文SEOとは

長文SEOとは1万文字ぐらいを目指して書いていくやり方です。
読んでいる途中で離脱しないように画像を途中で入れていく必要があります。

最低限の文章量としても2000文字は必要ですね。
長文で書くためのライティングのコツの記事もおすすめです。
長い文章の方が上位表示されるのでSEOに強く、短い文章よりもクリック率が高いです。

ライティングのコツは情報収集を行いながら、とにかく手を動かして書いていくことです。
あまり考え過ぎてもなかなか筆は進みません。

ただし、1ページのテーマにあったことを書きます。
だらだらと無駄な事を書いてしまうと違うワードが入ってしまうためSEO的にも良くありません。
長文の書き方は、見出しタグをどのようにするか決めてから書いた方が良いです。

なるべく時間をかけずにページが書ければ良いのですが裏技が無いのがWebコンテンツの難しいところですね。