ペルソナのマーケティング手法で記事を書く

ペルソナのマーケティング

ペルソナはマーケティングで使われる手法です。
記事を書くときにはペルソナを意識して書いていきましょう。

ペルソナとは仮面のことをいいますがマーケティングではユーザーの具体的な象徴を設定することです。

なんのためにペルソナを作るのかというと記事を明確にするために使われます。
もし、ペルソナがなければ曖昧な文章になりがちで誰に向かって書いているのかぼんやりした文章になってしまいます。
つまり、ペルソナがあることでターゲットが明確になるので言葉選びが変わってくるわけです。

ペルソナの決め方

ユーザー像が明確になることで具体的に書けるようになります。
文章の書きやすさも格段に変わってきます。

アフィリエイトで物販系には効果は絶大です。
何かものを売ろうとした時に学生なのか社会人なのかによっても、文章の書き方は違いますしキャッチコピーも変わります。

ペルソナで設定すること

  • 名前、性格
  • 趣味・興味
  • 年齢、性別、学歴、家族構成
  • 住んでいる環境、地域
  • 仕事や業務の内容
  • 生きる価値観や考え方
  • 生活の上での課題
  • 収入

ペルソナの名前ってどうやって決めるか解らない。というのも当然です。
正解がわからないので何でも良いのです。

性格と名前をセットで考えると以外とすんなり入ることがあります。
テキツヒ(この記事)を読んでいるひとはアフィリエイターかブロガーまたはWebのマーケッターではないかと思います。
ちなみに、ペルソナは何人いてもかまいません。

ペルソナの名前は「龍弘」と「太郎」ではイメージが違います。
なんとなく名前を付ければよいのです。
最初にペルソナを書く時は予測をして適当に書きます。

ペルソナの正解はまだわからないので、この記事を読んでいるのはアフィリエイターの太郎35歳。とします。正解はanalyticsで検証できますね。男女や趣味はわかります。

内容は具体的に書いてしまうことが大事です。
記事を書いていきながらイメージと差が出てきたらペルソナを調整していきます。

ペルソナを書く理由

具体的にペルソナを書く理由は細かく設定するほど明確になるからです。
ダーツでいうところの的のようなものですから、ピンポイントで良いわけです。
狙いながら書いて狙いは調整していくわけです。

ペルソナはマーケティングだけではなく、現役のライターさんが使う手法です。
新聞記事のような不特定多数への情報でなければプロでもペルソナを使います。

ペルソナの効果

ペルソナを設定して記事を書く効果というのは伝わりやすくなるということです。
「この記事は私に向けて書いてくれている」という共感を得やすくなるわけです。
「初心者のブログの書き方」よりも「30代男子がブログを成功させる方法」となるわけです。
物販なら女性の利用者、それ以外なら男性が多く、ネットの利用者は30代以上が多いという理由からです。
そんなことはない!
と思ったらペルソナの修正をして内容を変えれば良いわけです。

ブログで共感してもらうこと

ブログの記事を書く時には共感してもらうことが大事です。
どんな人が書いているのかなと運営者情報を見たことはないでしょうか?

それはもうライターの術中にハマっています。
そのブロガーの想定したペルソナの対象だからです。

共感してもらうためにはペルソナが大事ですが悩みが予想しやすくなるわけです。
共感をよぶことで売れる記事も書けるようになります。

アフィリエイトでペルソナといえば最終的な目的は売って収益を上げることです。
「なんかこのひとと、通じるところがあるな」と感じてもらえば大成功です。

成功しているペルソナというのは、読んだときに自分が言われているような感覚になります。
あまりにもわざとらしくならないように自然である必要があります。
ペルソナを設定して書いているのがあからさまだと誰でも違和感を感じるからです。

SEOでは検索意図に答えられれば順位が高くなります。
30代男子の若手ビジネスマンがペルソナなら、人材不足の中で働くハードな会社から逃れたくてブログを始めようとしているかもしれない。
これは私もそうだったのでよくわかります。
ペルソナで具体的になることで狙っている「キーワード」と悩みの関係もはっきりしてきます。

まとめ

ペルソナの目的はブログを読む人を明確にすること。
読む人がわかれば書きやすくなる。
ペルソナでブログで共感しやすくなる。

ペルソナを書くことに慣れていなければ書き出すことをおすすめしますが、ブログの記事はマーケティングと違って複数人がペルソナを共有するものではありません。
なので、慣れれば頭の中でできるようになります。
どんな人に向けて自分が書いているか意識しながらライティングしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA