段落の書き方でSEOで効果がかわる!?

段落の書き方でSEOで効果がかわる

段落は文章をささえる大事な要素だ。
SEOの効果は段落の使い方によって変わってくる。

もし、あなたが検索エンジンのアルゴリズムを作るプログラマなら
なにを要素として検索させますか?

SEOでライティングをしようと思った時に段落(paragraph)は大事な要素となるわけです。
それは、見出しが骨格ならば、文章そのものである段落はコンテンツを支える筋肉のようなものだからです。

段落を使ったSEOで効果的な書き方

SEOに効果的な段落の使い方です。
Webでは段落は<P>〇〇文章</P>を半角ではさむタグです。
Wordpressなら改行を一つ開ければ勝手に段落になります。

トピックセンテンスという書き方を使いながら段落を書きましょう。
段落で検索効果を上げるためには段落の要点や伝えたいことを最初に書きます。

段落を上手に使ってSEOの効果を上げるのは長文で効果的です。
長い文章というのはリズム良く読んでもらう必要があるので
ある程度の接続詞をつかうことになります。

接続詞は「なぜなら、しかし」のようなつなぎことばのことです。
基本的には削除すると読みやすくなるが、
使わないと書くのはしんどくなってきます。
考える流れで文章は出てくるので接続詞は、書く時には必要なのです。
無駄な接続詞はあとから削れば良いですね。

ブロガーさんで読みやすい文章ほど接続詞が豊富です。
「なんちゃって」とか、くだけたつなぎで惹き付けて読ませるプロです。

そうなんです。

強調したい文章の場合は長い行を段落としてまとめていけば良いわけです。
逆に、どうでも良い文章は短く。
上の「そうなんです」は一呼吸入れるための段落です。

リズムを入れるために必要な段落もあります。
無駄な段落であったとしても、
全体の流れで入っていたほうが読みやすければ入れた方が良いですね。
SEO的に悪い影響もありません。

意味のない段落、例えば「こんにちは」みたいな挨拶は短くすべきです。

段落の基本的な長さとしては短い方が読みやすい。
長いと文章の区切りがわかりにくい。

なぜ短い段落の方が読みやすくなるのかというと、
長いとその分量を覚えて後ろの文章を理解する必要があるからです。

段落は2~3行ごとにまとめていくのがおすすめです。
行が長すぎると読みにくくなります。

長文の場合には見出しと段落を適度に入れていくことでリズムが出てきます。
文章の出だしから最後まで読んでもらうためには段落と見出しをコンパクトにまとめながら書いていきましょう

前後の文章の関連性がそれほど意味が続いていないのであれば
段落は短くしていった方が読みやすくなります。

段落はSEOを意識した時には文章が長い方が強くなります。
これはペラサイトを見るとよくわかります。
長文の文章は段落が少ないのです。
これはキーワードの距離を短くしようとしている意図があるわけです。

段落の正しい書き方

SEO対策で段落の正しい書き方はあります。
文章のかたまりが段落です。
自然にできる段落が正しいわけではありません。

段落を正しく書こうとした時になにが正解かわからなくなる時があるかもしれません。
答えは検索にあります。
キーワードで検索をして上位に出てくる段落の使い方が、ある意味正解です。

文章の意味を正しく伝えるために
冒頭には多様な言葉を使いましょう。
同じワードで繰り返し書くのはペナルティーの危険性も出てくるし、
読んでいて飽きてしまうので、いろんな言葉を使いながら言いたいことを書き連ねていきます。

段落の使い方

段落の使い方をまとました。
下記を意識していればSEOの効果は出てくるはずです。

  1. 段落の冒頭に見出しにあったキーワードを入れる
  2. 段落の冒頭は多様性を入れる
  3. どうでも良い段落は短くする

見出しの中で意味が変わらなければ
段落を分けなくても良い。
全く段落のないサイトでも上位表示しています。

あまり細かく段落を増やすのは考えものですが
全く段落が無いのも読みにくいですね。

上手に段落を使って読みやすい文章にしていきましょう。

ブログの書き方について関連の記事
ブログに書くことがないときにネタを生み出すコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA