読みやすい文章の書き方とは?-わかりやすいライティングの方法

読みやすい文章の書き方

読みやすい文章の書き方とは?

だれでもわかりやすい文章は書けます。
ポイントをおさえれば読みやすい文章を書くことができます。

文章を読みやすくするライティングの方法をまとめてました。

読みやすい文章

読みやすい文章はシンプルです。
わかりやすく基本がある文章は読みやすいですね。

小学校、低学年の国語の本を思い出してみてください。
とても読みやすいですね。
行が空いていて、段落に余白があって、ゆったり読めます。
ひらがなが多く、難しい漢字はつかわれていません。

1文は短く

シンプルに書くことでわかりやすくなります。
あまりにも簡潔に書こうとすると読み手に伝わらない時があります。必要なことばは残して長い文は2文に分けます。

読みやすく1文を短くしようとするあまり行が細切れになり過ぎないように注意は必要です。
段落は2、3行で1文は短くというのが基本です。

言い回しをシンプルにする

ストレートに伝えましょう。
言い回しはシンプルな方が伝わりやすいです。

言葉を多めに使って文章を作ってから、無駄な言葉を減らします。
文章の30~50%は削ることができます。
「文が無くなっちまうよ」と思いますが、あとで削ることも見越して情報や言葉を多めに書くということです。

ひらがなを使う

感じで真っ黒になる文章には、ひらがなを使いましょう。
難しい漢字は避けましょう。

読み手に語るように書く

自分が主体で書くとわかりにくくなります。
相手の立場にたって書けばストレートに伝わります。

ページを書く時にウォーミングアップ

何も考えずに文字を書きまくります。
そうすると段々と伝えたいこととタイピングが一致してきます。
文章の読みやすさとか美しさとか全く無視をして、自分の考えをアウトプットする時間が大事です。
後から読みやすさとか文章構成は考えていきます。

具体的にわかるように書く

情報を増やすだけで読みやすくなる場合があります。
抽象的な表現や、「アレ・コレ」も伝わりにくくなる表現です。

×「仕事終わりには風呂から出て一杯やるのが美味い。」
○「仕事の日は、風呂から出てからのむビールが美味い。」

わかりやすく書く

わかりやすい文章を書くのはアフィリエイトでは必須になります。
ブログでも分かりやすい文章で、また読みたいと思えるコンテンツであればファンも増えます。

わかりやすい文章は伝えたいことがシンプルで明確であるということです。
伝えたいことを引き込まれるように書くことが大事です。

引き込まれる文章は魅力的に書くことを意識して書かれています。

書き出しに魅力を付ける

本文とは関係が無くても良いので、冒頭は魅力的に書く。
文章は物書きなら「マクラ」広告マンなら「キャッチ」という大事なポイントです。

惹きつける文章を書く

普通ではない考え、普通ではない書き方というのも魅力があります。
美しく文章を書こうとすれば読みやすくなりますが、つまらない文章になりがちです。

道徳的な文章は面白くありません。
ということは、言いたいことをズバっというサイトは面白い。
「こんな考え方もあるのか」というサイトも面白いですね。

惹き付ける魅力的な文章はアフィエイターやnoteを書いている方が多いですね。
文字だけで生計を立てるひとは文章に魂が宿っていますから推敲を繰り返しているのでしょう。
非常に読みやすくグイグイと弾き込まれます。

読まれるブログの作り方ともぜひ読んで見て下さい。
惹きつける文章が書けて、読みやすいサイトであれば最強です。

物語を書く

自分の体験談や物語、ストーリーを書くと惹き込まれやすくなります。
「実は、つい1年前まではタイピングもできなかったのですが・・・」
みたいな書き方ですね。
続きが読みたくなるということは惹き込まれているということです。

たとえ話を書く

たとえ話は共感を呼ぶような読みてに関わるキーワードを入れるのもありです。
中途半端に読者に関わるキーワードを入れるのは媚びている感じになります。

素晴らしい未来を書く

どんな良いことが起こるのか、すばらしい未来をメリットを柱にして伝えます。
読む人が気持ち良い文章は良いことです。
ポジティブに文章は書く必要があります。

パンチを入れる

気持ちが良い内容やメリットだけでは文章全体としては薄いので、
調味料的にスパイスを入れます。
アートでいうところの効かせ色ですね。

「じつは読みにくくても良いのです。
上位表示されなければ、せっかく書いた文章も一生だれにも読まれずに終わるでしょう。」
みたいなことを放り込みましょう。

音読をして読みやすくする

最後に音読をして文章全体が読みやすいか確認をしましょう。
自分で読んでつまる所があれば修正しましょう。
読点「、」を入れていくことで文章のリズムができます。

読みやすい文章と読みにくい文章の違いを比較をして検証しました。

文章が短いと読みやすい文章の比較

文章が短く、読みやすい例
「良い文字を書くためには姿勢を正す。」

文章が長く、読みにくい例
「ノートに文字を書く時には姿勢を正して文章を書く。背中が丸まっていると良い文字が書けないからだ。」

メッセージが明確な方が読みやすい

ストレートなメッセージで読みやすい例
「本を選ぶ時は見出しで選ぶ。心に響く見出しは自分にとって良い本である。」

あいまいで読みにくい例
「本を選ぶときにはまずは見出しを眺める。そしてパッと心に響くものを選ぶと良い本の可能性が高いだろう。」